FC2ブログ

「サスペリア PART2」 サスペリアのヒットで復権したスリラー

「サスペリア PART2」がサスペリアの続編でもなんでもないことは、良く知られていることだと思いますが、当時は続編という雰囲気で見ていたことも事実だと思います。この映画、確かに映画館で見たはずですし、この時期に見たエレベーターを使って首を切断するシーンは何の映画だったか思い出せないでいたのですが、無料動画に出ていた「サスペリア PART2」を見てすべてが解決。すっきりしました。

あらすじ
超心霊学会の会場で、テレパシー能力の持主であるヘルガ(M・メリル)が登場。その時突然ヘルガが、会場にかって人を殺し、また誰かを殺そうとしている人間がいることを告げる。しばらくして、ヘルガがアパートで休んでいるところを殺されるという事件がおき、悲鳴を聞いてかけつけた上階に住む音楽家のマーク(D・ヘミングス)は、不気味な絵画が並んだ廊下の先に遺体を見つけ、通報した。その後容疑者を目撃したマークは女性記者ジャンナ(D・ニコローディ)に付きまとわれるようになった。
当時現場近くに居合わせた、友人のカルロ(G・ラビア)の家を訪れたマークは、そこで元女優の母親(C・カラマーイ)と出逢う。そしてカルロは、深入りは危険だと忠告する。ある夜、不気味な脅迫を耳にしたマークは、心理学者のジョルダーニ(G・マウリ)の家を訪れ、そこで知らされた「近代の幽霊と暗黒伝説」という本の著者を訪ねるが、マークが着いた時はすでに著者は殺されていた。「近代の幽霊と暗黒伝説」に登場する屋敷の写真から、それを探しあてたマークは、塗りこめられた壁の裏側に、不気味な絵が描かれてあるのを発見。マークの疑問はさらに深まっていく。その夜、マークはジャンナ宛の行動を記したメモを残し、再び屋敷に足を踏み入れるが、そこで何者かに襲われ意識を失う。ジャンナの腕の中で意識を取りもどしたマークは、ジャンナと共に、屋敷の奇妙な絵と同じ絵があったという、レオナルド・ダ・ビンチ学校の資料保管室に行く。そこに保管されている生徒の絵の中から、同じ絵を見つけ、その裏には名前があった…。



冒頭のタイトルロールの途中で、クリスマスの最初の殺人現場のシーンが写されますが、これがすべての始まりでした。勿論犯人は映されず、影絵のような形で示されます。その後は、あらすじの様に、話は二転三転していく訳です。それぞれの殺人シーンは、さすがアルジェントと言った形で、猟奇的で非常に凝っています。これら、一連のシーンがこの映画のホラー的な部分を大いに盛り上げてくれます。

それぞれのシーンの映し方もなかなか凝っていて、何かが迫ってくる感じとか、俯瞰した映像によって、いつも何かに見張られている感じとか、見ていてなかなか楽しいし、バーの中の背景の人物が、僅かに動いている物のほとんど微動だにしない様子とか、非日常感が異様な雰囲気を出しています。ミステリー的な展開自体は相当強引とは思いますが、その伏線はきっと画像の中に細かく散りばめられていたのでしょう。正直気づきませんでした。

サスペリア PART2

アルジェントは、監督デビュー以来3作のサスペンスを送り出した後、1作コメディを挟みますが、この映画はその後原点回帰した形になります。雰囲気も「歓びの毒牙」なんかを思い出させるものがあります。そして、「サスペリア」へと続き、サスペンス・スリラーから、超常現象が主体のストーリーに変わっていきます。その間に「ウエスタン」とか。「ゾンビ」とか、この時代のイタリアの名画に参画しているのですから、その多才さは素晴らしいものだと思います。

この映画は、冒頭書いたように、「サスペリア」の大ヒットによって、日本公開されていなかった2年前の作品を、この表題で公開し、これもヒットしたと思います。売り方もなかなかのものですが、やはり立派な映画であったからこそのヒットだったのでしょう。この映画を見たのは、今でも健在の高知市にある「あたご劇場」。ミステリー的あらすじは全く覚えていませんでした。ただただ、エレベーターを使って首を切断するシーンがトラウマのように記憶に残っていたのです。再びこのシーンを見て、やはりこの映画だったのねと、すっきりした次第です。

最近、なぜかGYAOの無料動画にアルジェント作品が毎週出ていますが、これはいい企画。必見です。
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR