FC2ブログ

「百万弗の人魚」 エスターの演じるアネット・ケラーマン

初めて見るMGMの水中レビュー映画。主役は、水中レビュー映画のスター、エスター・ウィリアムズです。1952年の映画で、監督はマーヴィン・ルロイ。20世紀初頭の水中レビューのスター、アネット・ケラーマンの半生を描くもので、オスカーでは、撮影賞(カラー)にノミネートされました。

あらすじ
20世紀初めのシドニーで、ケラーマン音楽学校を経営するフレデリック(ウォルター・ピジョン)は、一人娘アネットの足が弱く、歩くのをあきらめていたところ、アネットは一人で水泳を楽しむようになり、競泳では連続して州のチャンピオンになるほどになりました。やがて経済恐慌から音楽学校は閉鎖され、友人を頼って、美しく成長したアネット(エスター・ウィリアムス)と共にロンドンに向かいます。船中で、父娘はジェームズ・サリヴァン(ヴィクター・マチュア)という興行師に出会い、彼はアネットの美しさに惹かれ、いっしょに水泳を武器に一儲けしようと勧められます。二人は断ったものの、ロンドンに着くと、友人は既に亡くなっており、途方に暮れたアネットのところに、ジェームズが現れました。

アネットとジェームズは、新聞記者に予告してテムズ河の遠泳をしたところ、たちまちロンドン中に知れ渡り、ジェームズはアネットと組んで、ニューヨークの大劇場ヒッポドロームに売り込もうと全財産をはたいて海を渡りますが、支配人のハーパー(デイヴィッド・ブライアン)はすげなく断り、ジェームズたちはボストンのビーチで遠泳を試みるも、ワンピースの水着姿が不謹慎と騒然となり、裁判ざたにまでなりました。その水着で有名になったアネットは、小さなショーをやるようになって人気を博しますが、ある日、ジェームズは飛行機とアネットのショーをミックスした企画をたてる一方、アネットは堅実な道を主張し、喧嘩別れになります。そして、ジェームズが一人で旅立ったところに、ニューヨークから、水上ショーへの出演依頼の知らせが入りました。

ニューヨークでは、父もオーケストラの指揮者に雇われ、アネットのショーは大人気となります。しかし、まもなく父は演奏中に倒れてこの世を去り、アネットはハーバーからの求婚を受けます。ちょうどその頃、ジェームズは大陸横断飛行レースに出場、しかし墜落してしまい、幸い軽傷で済んだものの、再びどこかへ立ち去ってしまいました。アネットのハリウッド進出に合わせて、二人で西へと向かったハーバーとアネットですが、水中レヴュー映画の撮影中、思いかけない事故でアネットは重傷を負ってしまい、ジェームズは病院を訪れ、毎日のように面会を申し入れました。ある日ハーパーも同席して面会。その場で、アネットとジェームズが本当に愛し合っていることを知ったハーバーは身を引き、二人は結ばれるのでした。



百万弗の人魚

水中レビュー映画で活躍したエスター・ウィリアムズの代表作の一つ。エスターと言えば、「私を野球につれてって!」を見ましたが、水中レビューではありませんでした。水中レビュー映画自体見たことが無かったので、楽しみに鑑賞しました。やはり、ヒッポドロームでの壮大なレビューが素晴らしかったです。今でいうと大規模なアーティスティックスイミングですね。ストーリーは、やはり水中レビューや、映画女優として活躍した、オーストラリアの女優、アネット・ケラーマンの半生記。エスター・ウィリアムズとの経歴がダブります。

エスター・ウィリアムズは水泳選手で世界記録保持者。1940年の東京オリンピックに出場する予定がかなわず、スカウトされて女優の道に入りました。ケラーマンもオーストラリアでは無敵の少女でアメリカにわたり、水中レビューやハリウッドで大活躍。この映画の内容の様に、新しいワンピース水着スタイルの先駆者であり、ハリウッドでは人魚役や水中撮影で活躍し、またメジャー女優として初のフルヌードを披露しています。(「神の娘」…残念ながら失われた映画です)。二人とも水泳選手だけあって、がっしりとした体格をしています。

スターの半生を扱った映画は、たくさん作られていますが、ショービジネスの舞台裏も良くわかり、大変興味深いです。また、関連していくつかの作品を見たくなるという効果も持っています。エスター・ウィリアムズは、水中レビューが下火になって女優を引退してしまったのは残念ですが、後年、ザッツ・エンタテイメントPART3などにも出演していますね。エスターとアネットの関係も興味深く、劇中で出てきた「海神の娘」は、エスターも同名の映画を撮影していますし、(邦題:水着の女王)、そもそもこの映画の題名は、アネットの「神の娘」が、上映時間3時間の超大作で、予算が百万弗であったという事も関連していると思います。まさにエスターはアネットの再来であったということでしょうか。「神の娘」が失われていることが大変残念です。

2020.6.7 HCMC自宅にてAmazonPrimeよりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR