FC2ブログ

「第3逃亡者」 ヒッチコックの逃走劇で、原作はJ・テイ

アルフレッド・ヒッチコックのイギリス時代の映画の鑑賞です。1937年の映画で、原題は、Young and Innocent。原作はジョセフィン・テイのミステリーである、「ロウソクのために一シリングを」です。

あらすじ
女優クリスティン(パメラ・カーメ)は、夫のガイ(ジョージ・カーゾン)から浮気の疑いをかけられ、翌朝、死体で浜に打ち上げられます。発見したのは、被害者と顔見知りのロバート(デリック・デ・マーニー)で、通報しようと駆け出したところを見られたロバートは、犯人と疑われ、逮捕されてしまいました。そして、凶器は彼のコートのベルトだったのですが、ロバートはコートは盗まれたと主張します。そして、取り調べ中に失神し、来合わせた警察署長の娘エリカ(ノヴァ・ピルビーム)に介抱されました。裁判の日に起きた混乱に乗じて脱出したロバートはエリカの車に隠れ、疑いを晴らすため、なくしたコートを二人で探しに行きます。

コートを無くした酒場で、ウィル(エドワード・リグビー)という男が持って行ったとの証言を得て、ウィルの居場所に向かう途中、近くのエリカの叔母の家に立ち寄ったため、検問にひっかかり、二人とも追われる身となります。そして、ウィルの定宿にのりこみ、ウィルを連れだすと、エリカの車で逃走。ウィルからコートを奪い返しますが、ベルトがついていませんでした。隠れた廃坑の中で、エリカは逮捕されてしまい、ロバートは逃走しましたが、手がかりもとぎれてしまいます。軟禁されているエリカを訪れたロバートは、ホテルのマッチがコートのポケットにあったことを知り、ホテルに向うと、警察に連行される寸前に、ホテルで演奏する楽団の、黒人に扮装したドラマーか失神。応急処置をしようとしたエリカは、真犯人の特徴を発見し、犯人は自白したのでした。



第3逃亡者

第3逃亡者とはなんぞや?という感じですが、命名者に聞いてみたいと思いました。純粋な興味で…。さて、印象としては、ミステリーというか、サスペンスの筋立てがかなり大味なので、サスペンスに期待すると、ちょっとがっかりするという感じだと思います。ハラハラする場面もそれほど多くはありません。警察の行動もかなり緩いです。時代性かもしれませんが…。関係者の発言も、今の常識とは違って、かなりまどろっこしいというか、のんびりしている感じです。

とはいっても、展開は十分引き付けるものがありました。まず、冒頭の二人の場面が良かったです。これで引き付けられます。そして、1.5往復ビンタが登場します。おおっという感じ。波間に腕が伸びているので、生きているかと思いました。そして、あんなに全力疾走すると、さすがにおかしいですね。という冒頭でした。ストーリーは、ラブストーリーを絡めながら話が展開していきます。何かこう、確実なヒントを見つけて絞り込んでという訳でなく、かなり運任せなのが弱いところです。犯人も自滅です。

ヒロインのノヴァ・ピルビームについては、良く知らなかったのですが、ヒッチコック監督の「暗殺者の家」にも出演していたようです。引退は早かったのですが、95歳まで長寿を全うされた方のようですね。原作の作家のジョセフィン・テイは、初期のハヤカワ・ミステリを思い起こさせる懐かしい名前です。これで、イギリス時代の後半の作品はだいたい見た感じなので、前後の作品に進んでいきましょう。どの映画を見ても、すんなりと映画の中に入っていけるので、楽しく見ることができます。まだまだ楽しみが多いのです。

2020.5.26 HCMC自宅にてAmazonPrimeよりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR