FC2ブログ

「サボタージュ(1936)」 二転三転のヒッチコックサスペンス

ずいぶん久しぶりにアルフレッド・ヒッチコックの作品を見ます。おそらく、このブログを始めたころに見た「めまい」以来。ずいぶんと間が空いてしまいました。この映画はイギリス時代の作品で、1936年の映画で、ゴーモン・ブリティッシュにより制作されました。原題も同じくSabotageです。

あらすじ
ある日、ロンドンの町が停電になり、当局は破壊工作によるものと断定、復旧にはそれほど時間がかかりませんでした。停電のさなか、映画館主のヴァーロック(オスカー・ホモルカ)は、映画館裏の自宅に戻り、手の砂を洗い落とします。彼が破壊工作の実行犯なのでした。隣の八百屋には、店員になりすました刑事スペンサー(ジョン・ローダー)が監視しており、停電中にひそかに戻ったことを確認します。そんな中、発電所への工作が、大きな成果を上げなかったことから、ヴァーロックは、ピカデリー・サーカスに時限爆弾を仕掛けるという指令を受け、爆弾の入手先を教えられます。

爆弾は、小鳥屋の主人が作っており、ヴァ―ロックの家に、爆発時刻のメモと共に、鳥籠に入れた爆弾が届けられました。そして、決行当日は、ちょうどスペンサー刑事がヴァ―ロック夫人(シルヴィア・シドニー)を訪問していました。スペンサー刑事は情報収集のため、彼女に接近しましたが、いつの間にか好意を持つようになっていたのです。ヴァーロックは外出することができず、妻の幼い弟スティーヴィー(デズモンド・テスター)に、映画のフィルムの修復と言って、爆弾の小包をフィルムと一緒に持って行かせました。しかし、スティーヴィーは、道中で見世物などに立ち寄って道草を食い、設定時刻になってもまだバスの中。爆弾は車中で爆発してしまい、バスは吹き飛び、スティービーは爆死してしまいます。弟の死にショックを受けた妻は、夫が爆弾を持たせたものと気づき、夫が迫ってくると、咄嗟に刺殺してしまいました。

現れたスペンサー刑事は、ヴァーロック夫人に好意を抱いており、夫人の告白を受けると、自首はやめて一緒に国外に逃げることを提案します。一方、小鳥屋が証拠を隠滅するためにヴァーロックの部屋を訪れますが、ヴァ―ロックの部屋に入ったところで周囲を警察に取り囲まれ、ヴァ―ロックの遺体とともに自爆してしまいました。夫人がヴァーロックを刺殺したという証拠もなくなり、夫人はスペンサー刑事に支えられてその場を去っていくのでした。



サボタージュ(1936)

幼少の頃より慣れ親しんだヒッチコック作品。まだまだ見ていない作品が多いのですが、これはそんな作品の一つ。イギリス時代の比較的短いお話です。短いと言っても中身が濃いもので、ラストも二転三転して楽しませてくれました。スティーヴィーが小包を持って、時間が迫り、時計が次々と映される場面とか、大変緊張感があります。そして、その前に彼がいろいろな見世物に首を突っ込んだり、引き留められたりする場面は、観客を大変イライラさせる効果を持っていて見事だと思いました。

映画館主のカールの、事件後の責任転嫁ぶりも見事で、比較的人道的とも思われたカールは、失敗してスティーヴィーを失った時の、言い訳や逆切れぶりが見事で、そのあと彼が妻に殺されることを正当化していきます。そして、ラストに向かい、小鳥屋の主人のくだりなど、二転三転のサスペンスも、一筋縄ではいかない面白さがあり、さすがヒッチコックだと思いました。短い中にサスペンスが詰まった作品です。

この映画の原作小説は、コンラッドの「密偵」とのことです。ざっとあらすじを見た感じで、大枠や人物設定は似ていますが、ストーリーは全く同じという訳ではないようでした。力点を置いているところも違うような気がしますが、実際読んでいないので詳しくはわかりません。ヒロインのシルヴィア・シドニーは、初めて見ると思います。長いキャリアを経て、1973年にオスカー初ノミネート。息の長い女優さんのようです。さて、ヒッチコック作品。まだまだ楽しみたいと思います。

2020.5.24 HCMC自宅にてAmazonPrimeよりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR