FC2ブログ

「地獄への道」 若き日の名優たちがテクニカラー見られる

1930年代の映画を中心に、会員特典に沢山出てきたので、久しぶりにクラシックな映画に親しみます。たぶん、これは西部劇だと思いますが、西部劇を見るのも久しぶりです。1939年の作品で、監督はヘンリー・キング。タイロン・パワーとヘンリー・フォンダの兄弟が活躍します。助演として、ランドルフ・スコットも登場します。
原題:Jesse James (1939)

あらすじ
西へと延伸する鉄道の、通過予定地では鉄道会社によって、農民からのタダ同然での強引な用地買収が横行していました。ジェームズ農場に、鉄道会社のパーシー(ブライアン・ドンレヴィ)が訪れ、強引にサインさせようとしますが、フランク(ヘンリー・フォンダ)と、ジェシー(タイロン・パワー)の兄弟がこれを発砲して撃退。パーシーが、ジェームズ兄弟の逮捕状を入手して再び農場に向かうと、新聞社のコッブ(ヘンリー・ハル)の忠告で身を隠しますが、留守中にパーシーに襲われた母親が亡くなってしまい、ジェシーは復讐としてバーシーを射殺。列車強盗団を組織し、鉄道会社への妨害も始めます。

鉄道会社の社長マッコイ(ドナルド・ミーク)は、ジェシーの恋人ゼラルダ(ナンシー-ケリー)を通じ、ジェシーが自首すれば刑を軽くするよう配慮すると申し出たので、ジェシーは彼女と結婚式をあげたあと、保安官のライト(ランドルフ・スコット)のところに自首しますが、マッコイは掌を返して判事以下を更迭し、死刑にしようとします。兄のフランクも憤り、マッコイたちを脅したうえ、拘置中のジェシーを奪還。その後、ジェシーはぜラルダと共に、追跡されながらの流浪の日々を送ることになりました。しかし、神経を使う生活に耐えられず、ぜラルダは生まれたばかりの子供をつれて帰郷してしまいます。

妻を失ったジェシーは、冷酷に強盗を展開。銀行や列車を次々と襲い、彼には大きな懸賞金がかけられるようになります。その懸賞金欲しさに、部下のボブ・フォード(ジョン・キャラダイン)が裏切り、彼の密通によって、銀行襲撃にも失敗。ジェシーは重傷を負い、かつてぜラルダと暮らした隠れ家に逃れると、そこにはぜラルダが待っていました。新聞には重傷を負ったジェシーの死亡説が流れ始め、ジェシーとぜラルダは、カリフォルニアに去って平和に暮らすことを決めた時、ボブ・フォードが現れ、次の仕事を持ち掛けます。ジェシーはわが子の姿を見て仕事を断ると、ボブはジェシーを暗殺。ぜラルダは遺体にすがって泣き崩れました。故郷に帰ったジェシーの遺体は、コッブによって丁重に葬られたのでした。



地獄への道

単純な西部劇やガンファイトを期待して見始めましたが、ストーリーが連綿と展開していく、ドラマスタイルでした。主人公の活躍と言うよりは、その周りで起きるドラマに重きを置いた感じです。従って、ここでは、主役のはずのタイロン・パワーも、そうそう活躍する訳ではなく、ヘンリー・フォンダにしても、出たり引っ込んだりで、主人公の人情や華々しい活躍に、一喜一憂するという感じにはなりませんでした。ジェシー・ジェイムズを取り巻く物語を、順を追って見ているという感じで、主人公に感情移入して見る西部劇では無いようです。

ジェシー・ジェイムズは暗殺されてのバッドエンドを迎える訳ですが、感情移入出来てないので、インパクトが薄い感じです。そもそも邦題にあるように、鉄道の用地買収に端を発して、農場の若者が身を持ち崩して強盗になり追われる立場になるというドラマなのですが、善悪もどっちつかずな感じで、今一つでした。バッドエンドの西部劇は、後年にいろいろ作られていきますが、この時代では珍しいのではないかと思います。そして、それは人物像が魅力的に描かれてこそ、インパクトがあるのであって、このうわべだけのストーリーでは、今一つです。

西部劇的情緒と言えば、ヘンリー・フォンダが西部の男らしい詩情を漂わせています。ランドルフ・スコットも正義の保安官で、西部劇らしい演技です。しかし、両者とも埋もれてしまっています。コッブ役のヘンリー・ハルも狂言回しのいい演技ですし、悪役のドナルド・ミークもいかにもという演技で良かったと思います。でも、それらが、少しづつ集まっても、軸が無いのでいかにも中途半端な感じになってしまいました。往年の西部劇の俳優たちの若き日の映像がテクニカラーで見られる映画だけに、惜しい映画だなと思いました。

2020.5.24 HCMC自宅にてAmazonPrimeよりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR