FC2ブログ

「シャドー・チェイサー」 シガニー・ウィーバーの悪役ぶり

気軽にアクション映画を鑑賞してみました。出演者リストに、ブルース・ウィリスシガニー・ウィーバーの名前を見たからです。主役ではありませんが、主役以上の活躍ぶりでした。2012年の映画で監督はマブルク・エル・メクリです。
原題:The Cold Light of Day

あらすじ
ウィル(ヘンリー・カヴィル)は、家族との休暇で、マドリードにやってきました。父母と、弟とその恋人が久しぶりに一堂に会し、団らんを楽しむ途中、ウィルの携帯に、彼の経営する会社の倒産の知らせが入ります。気が気でないウィルは翌日の家族でのヨットクルーズにも身が入らず、父のマーティン(ブルース・ウィリス)の怒りも買い、一旦街に出て戻ってくることにしました。戻ってきてみると、クルーザーが荒らされ、家族が消えています。警察に駆け込み、捜査を依頼すると、逆に拉致されそうになり、物陰に隠れていたマーティンに助けられました。

マーティンは、自分がCIAの工作員だとウィルに告白し、同僚の女性工作員キャラック(シガニー・ウィーバー)と、マドリードで面会し、誘拐犯の要求するブリーフケースを返すように頼みますが、その場でマーティンは何者かに射殺されてしまいます。マーティンの携帯と拳銃を持ってウィルは逃亡し、アメリカ大使館に駆け込みますが、キャラックが現れて話をするうちに、ウィルは危険を感じ逃亡しました。ウィルは父が頻繁に電話をしていたディエゴを訪ねて、彼の事務所に行きますが、そこでもキャラックが待ち受けており、ディエゴは既に殺されていました。

事務所にいた、ルシア(ベロニカ・エチェーギ)と共に再び逃走。携帯への誘拐犯からの連絡で、太陽の門に向かいます。そこでウィルはモサドに拉致され、連れていかれた先に、ウィルの家族も監禁されていました。ウィルはマーティンが殺されたことを話すと、モサドの目的は、すでにキャラックの手に渡ってしまったブリーフケースを奪い返すことだと言われます。キャラックはその情報を部外者に売ろうとしているのでした。そして、秘密を知ったウィルとその家族も消そうとしていると。ウィルはルシアの仲間たちと、キャラックの部下を拘束し、泳がせて尾行。取引場所に踏み込みます。激しい銃撃戦とカーチェイスの後、キャラックは監視していたモサドに倒され、無事ウィルの家族は解放されたのでした。



シャドー・チェイサー

ちょっと気軽にアクション映画の鑑賞です。こういう映画なので、素直に楽しめばいいのですが、思わず突っ込んでしまうと、つまり素人大活躍のアクション映画。さすが、2人ともブルース・ウィリスの子供たちという映画でした。血は争えないと…。彼らに頑張らせておいて、モサドが後始末に来ましたという感じですね。激しいカーチェイスは見ごたえがあります。また、マドリードとその郊外の情緒も面白いと思いました。

ブルース・ウィリスは予想外に早く退場してしまったので、あとはヘンリー・カヴィルベロニカ・エチェーギに託されるわけですが、それよりも何よりも、敵側のシガニー・ウィーバーに尽きるでしょう。非情ぶりが徹底して伝わってきます。さすが、敵無しです。ヘンリー・カヴィルは、素人とは思えないほど勘が良く、事態を切り抜けていきますので、現実味がなく傲慢な感じもして、感情移入できません。ベロニカ・エチェーギは、ペネロペ・クルスに似たスーパーウーマンでした。

最後まで争奪戦の的となっていたスーツケースも、ここまで見せられると、ただのカバンじゃないか?という感じが残ります。最初の導入部は、ブルース・ウィリスの家族含めて、丁寧な人物描写をしていくので、それらが一瞬で誘拐されて登場しなくなるのもどうかなぁ…。という感じ。と、いろいろありますが、短めのアクション映画で、見ている分には楽しめるので良しとします。やはり、注目はシガニー・ウィーバーであることは、間違いないと思います。

2020.5.19 HCMC自宅にてAmazonPrimeよりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR