FC2ブログ

「ダスト・ウォーカー」 アートな雰囲気も持つゾンビ映画

手ごろな時間帯にやっていたので見に行ったB級ホラー映画。日本でも、今年になって公開されていたようですが、評価のほどは今一つみたいでした。2019年の映画で、オーストラリアの作品。監督はサンドラ・スキベラスという人。観客3人で、英語での鑑賞です。

あらすじ
オーストラリアの砂漠地帯にある、人里離れた小さな町に、謎の物体が飛来します。そして、停電が発生し、チェックに向かっていたビリー(Ben Mortley)は、奇妙な胞子に触れてしまい、ウィルスに感染してしまいます。ゾンビ状態になって町に戻ってきた彼は、思考をも支配されているようです。胞子は人間や動物に伝染し、町の人々は一人また一人とゾンビ化していき、凶暴になっていきました。

保安官のジョー(ジョリーン・アンダーソン)とルーク(リチャード・デイヴィス)は、事態の原因を調べ始めます。地元の地質学者のアンジェラ(カサンドラ・マグラス)や教師などの協力で、ウィルスの活動や、隕石が落ちたような穴も発見。そして、町の周囲が巨大なサンドストームに囲まれ、隔絶されていることが解ります。ウィルスは死んだ動物から子実体のような物を出し、胞子を作って付着し伝染していくようでした。その時、巨大な触手を持つエイリアンが現れ、感染した人々を連れ去っていくようになります。

ジョーとルークは、町の未感染者をできるだけ保安官事務所に集めようとします。ゾンビ化した人々に襲われますが、感染者も、ある程度元の姿を保っており、なかなか非情に倒すことができません。その時エイリアンが現れ次々と連れ去っていきます。まだ感染していない、ミシェル(Talina Naviede)が一緒に連れ去られそうになり、ジョーはエイリアンに連れ去らないように話すと、彼女は解放されました。エイリアンは集めた感染者をまとめて火を吹いて焼き払うと、砂嵐も消滅し、町に再び平和が戻ったのでした。



ダスト・ウォーカー

オーストラリア砂漠の中の小さな町の、ゾンビとエイリアンを組み合わせたホラー。ゾンビではありますが、中途半端なゾンビ化で、伝染してしまった友人や家族を無慈悲にどんどん撃てないという状況になっています。砂漠の街や、静かに立ちつくすようなゾンビの情景が妙に美しく、これはアートフィルムを意識したホラーではなかろうかとも思った次第。どうしてそうなったかはよく解りませんが、ゾンビ化させるウイルスが来てしまい、エイリアンが伝染者を捕獲して焼却するというお話でした。エイリアンは保健所に勤務しているのでしょうか(笑)?それとも何かやらかして拡散してしまって、火消しに走っている?

焼却処分される豚や鶏と一緒で、やられる方は全貌は判りませんという事の様です。活躍するのはジョーとルークの二人組。ラストの、母親に足をつかまれて切断するところは、そういう中途半端なゾンビであるだけに、無常感が漂います。焼却シーンは、ちょっと脱力感ありでした。仕掛けは面白いですが、ストーリーは極めて単純なので、ゆっくりしたペースで話が進みます。その分映像とか、いろいろ作りこんでいると思います。死んだ虫から子実体が出てきて胞子が飛散する場面あたりから、アートだねぇ…と思っていました。

丁寧かつコンパクトに作られている感じが伝わって来て、ちょっと気に入りました。音やグロで押すだけの作品よりは、こちらの方が好きです。町の中に何体かゾンビが並んで立っている様子や、一人づつ引き上げられていく様子とかは、独特の面白さがありました。そしてそう感じるのも、何にも増して映画館で見ることができたことが大きいのかなと思っている次第です。テレビ画面でみたれ、また感想が違っていたかもしれません。

2020.5.17 HCMC LOTTE CINEMA NEWZONE にて鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR