FC2ブログ

「レバノン」 技巧をこらしたアイロニカルな反戦映画

無料動画にあった、「レバノン」は、2009年のヴェネツィア国際映画祭の金獅子賞受賞作です。やはり、3大映画祭の作品賞は一度は見ておきたいということで、早速視聴しました。

1982年6月、イスラエルによるレバノン侵攻により、レバノン戦争が勃発。イスラエル軍の4人の戦車兵が、前線に配置される。指揮官アシ(イタイ・ティラン)、反抗的なヘルツル(オシュリ・コーエン)、気弱な砲撃手シムリック(ヨアヴ・ドナット)、臆病な操縦士イーガル(ミハエル・モショノフ)の4人は、戦車のスコープ越しに、まるで悪夢のような光景を目の当たりにする。そんななか、彼らの乗った戦車が、対戦車弾の直撃を受け、敵中で孤立。身に危機が迫った彼らは、発狂しそうな恐怖を感じながらも、この状況から脱出しようと試みる。



この映画は、ほとんどすべての場面が戦車の中で撮影されていることで知られています。外の世界の映像は、ほとんどが戦車の中からのスコープ映像のみという徹底した演出です。主要な登場する人物は、戦車に乗り組む4人に、部隊長と戦車を狙撃したが捕虜となったシリア兵。援軍として登場するファランヘ党の兵士。くらいでしょうか。

歩兵が空爆後の町を制圧する作戦に、一台だけ援護の為に随行した戦車。しかし、内情は素人集団でした、砲撃手は実戦が初めてで、援護の必要な時に、手が震えて引き金も引けず、逡巡してやっと引けた時には、相手が民間人だったという始末。そして、指揮官の指示には徹底して反抗し、なぜやらなければいけないのか?といつも問い詰めるヘルツル。などなど、素人集団が迷走している状況です。

市街戦で、敵が立てこもる部屋に砲撃し、5歳の子供を殺してしまい、半狂乱になった母親が雨あられと砲撃が続く中、戦車に詰め寄る。なかなか生々しいシーンです。撃った方も素人みたいなものですから、余計救われません。そして、これらはすべて戦車のスコープの中から撮影されています。

やがて狙撃されてしまい、不調な戦車に入ってくる情報はいずれ錯綜し、敵の制圧しているエリアに侵入、ファランヘ党の兵士の先導で脱出を試みますが結局はぐれてしまい、夜の砲撃の絶えない街を迷走することになりますが…

レバノン

まずは、指揮命令系統が失われている4人の素人集団のような空間が、見ていてやるせない。戦争のバカバカしさを大いに感じさせます。戦車の中が異常に汚い。本当にこんなに汚いものなんでしょうか。足元には水がたまり、トイレは容器ですまし、環境は相当にひどいものです。油臭いにおいや、腐ったようなにおいが充満していることでしょう。それだけに、ラストの落差が大きく、また更に、大きな虚無感を与えてくれます。ある種のカタルシスでしょうか?

全体的には、素人が投入されている目的意識のない虚しさや、日常生活を一気に闇に陥れる戦争の悲劇の大きさや、死に直面した状況での切迫感や、全体が全く把握できない焦燥感や、これらを執拗に描きながら最後に解放して見せるという構成です。

反戦映画であることは間違いないのですが、直接的なメッセージ性は感じられず、特殊な環境設定と、素人4人の掛け合いが主になって話が進み、そして、やはり最後の光景のイメージが強くて、あまりにも、うまくまとまってしまった、あるいはオチてしまったという感じになりました。そういう意味で、トラックが撃たれて鶏が歩き回って見たり、母親の服が脱げてしまったり、変なオチがいろいろなところについて回るので、ブラックコメディ的であるとも言えます。そういう意味では、一流の大真面目な皮肉です。

もう一つ、印象に残ったのは、途中の旅行会社の廃墟で、旅行会社の壁にかかっているであろう、パリやロンドンなどの写真が、戦車のスコープ越に映される。狭い視野でみると、それでもパリやロンドンにいるような錯覚を感じる。なかなか面白い場面でした。

結局、大作感があるとか、感動を呼び起こすとか、何か強く訴えかけるとかが今一つかな?と思いました。いろいろな要素を詰め込みすぎて、技巧先行かつ打ち消しあっているような気もしたりして…。という訳で、金獅子賞かいな?と思わなくもないですが、なかなか面白い映画と思いました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR