FC2ブログ

<短編> '8' (2019)

Amazonに出ていた短編映画を見てみました。ジャケットから、なにかビリヤード場での勝負の雰囲気がありますが、どうでしょうか。映像はしっかりしたもののような期待ができそうです。

あらすじ
砂漠の中のビリヤード場で皆の注目を浴びるジャック(Esteban de la Isla)は、トリックショットも自慢しながら、店の中で小さな名声を得ていました。ある日、店に一人の女性が現れます。店主によると、ビリヤードの腕はなかなかのものという事。ジャックはその女性が気になり始め、手持ちの金をすべてかけて、エイトボール3ゲームを挑みました。その女性の名前は、ジェシー(Jordan Knapp)。すぐに、ジャックのトリックショットを見破り、トリックショットを使うようではうまくならないとつぶやきました。結果は、一方的にジェシーの勝ちで、静かに立ち去って行きました。

財産を失い、店主からも見限られたジャックは、店主に頼み込み、店のキッチンで働かせてもらう代わりに、日夜ビリヤードの練習に励み、彼女が再び現れるのを待ちます。そして、ある日彼女が現れると、自分の車のキーと、彼女と旅に出ることを賭け、エイトボール3ゲームを挑みました。その日は、ジャックの腕はさえわたり、ゲーム中ジャックの見つめる目に、ジェシーの顔も徐々に軟化してきました。彼女を見つめながら、ジェシーと車で旅に出るところを創造しつつ、ジャックは黙々とプレーを続けるのでした。



8 (2019)

18分の短編映画で、2回のビリヤードの勝負。いかさまを使うジャックが、ジェシーに完封され、彼女が気になって仕方がないジャックが背水の陣を敷き、彼女をものにしていくというお話。短い話なので単純ですが、遊び人でいかさま師のジャックが、一目ぼれした彼女の為に、真剣に研鑽して勝負に挑み、彼女の心を勝ち取っていくという物語でした。ビリヤード場の風情も面白く、また美しく描かれています。結果、その仲を取り持ったのが店主のイヴァン(Don Baldaramos)という構図です。

何人かの、ビリヤード場にたむろする人物も映されますが、ほとんどはジャックとジェシーの2人の演技。セリフも少なく、演技で感情を表現していっています。決して美男美女という雰囲気ではないのですが、この映像の中では、なかなかいい雰囲気を出していると思いました。ゲームの内容や推移が説明されるわけでもなく、球を打つ姿と、球の動きで表現されるだけ。それでも、緑の台を転がる球が、美しい映像と雰囲気になっていると思いました。

この作品はヴェネツィア国際映画祭でも上映されたとのことです。その他いくつかの受賞歴があります。監督は、ミラノ生まれで、アメリカで映画を学び、ショートフィルムを中心に撮り続けている、若手のようです。ストーリーは華々しくはないものの、映像や展開のセンスはなかなかいいと思いました。これから先も期待します。

Data
監督:Gabriele Fabbro
脚本:Gabriele Fabbro
製作国:アメリカ
公開年:2019
時間:18 minute
スペック:カラー
Imdbリンク:8

2020.5.1 HCMC自宅にてAmazonPrimeよりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR