FC2ブログ

<短編> 'The Chimerical Museum of Shifting Shapes' (2017)

これは、普通の映画という概念ではなく、アートです。例えば、東京都現代美術館を訪れると、時折前衛的な動画を展示していることがありますが、そういったタイプの作品と思います。白黒アニメーションの映像です。

あらすじ
男が、美術館に入り、一つの展示室を訪れます。壁中に展示があり、男は順番に見始めますが、どうやらそれぞれの絵が関連性があるように見えてきます。そして、額縁の中は、まるでモニターのようで、それぞれの枠を自由に超え、変化させながら、連続的なアニメ動画となって、部屋全体に映像が躍動していきます。



The Chimerical Museum of Shifting Shapes

白黒のアニメーション。墨で描いたような、デッサン調の映像が、アニメーションとなって展開していく映像です。重厚な雰囲気の美術館で、展示室には額縁がずらりと並び、絵が躍動を始めるというもの。一つの額には入りきれないというスタイルで、連続した絵になり、絵自体が動画になって展開し、という映像でした。何か、一つの枠にとらわれないような不思議な世界です。

アートフィルムという事でしょうか。映画館でドラマを見るのとはまた違います。作者のDamian Alquichireは、絵画・彫刻・映画といろいろな分野で作品を製作するアーティストです。彼のサイトで、他の映像やアートの作品も見ることができます。どれも骨太の白黒タッチのスタイルで、力強い抽象映像が楽しめます。

サイトによると、この映画は5つの映画祭に出品されており、その中の一つのコソボでの映画祭で、Best International Short Film Awardを受賞しています。そして、一つの大きな特徴として、付けられている音楽が素晴らしい。現代的な音楽で、コロンビアにてBlas Emilio Atehortúaにより作曲された、オリジナル音楽とのことです。この映像と同様に、大変雄弁な音楽です。

Data
監督:Damian Alquichire
脚本:Damian Alquichire
製作国:コロンビア
公開年:2017
時間:4 minute
スペック:白黒
Imdbリンク:The Chimerical Museum of Shifting Shapes (2017)
作者リンク:DAMIAN ALQUICHIRE

2020.4.26 HCMC自宅にてAmazonPrimeよりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR