FC2ブログ

「風に濡れた女」背徳感のないポルノは日活ロマンポルノなのか?

日活ロマンポルノリブートプロジェクト第2弾。1作目はちょうど東京にもだった時に公開されたので無事見られましたが、今回も偶然ではありますが、帰ってこられたので見ることができました。という訳で、帰国後ちょっと片づけをして、新宿武蔵野館へGO!
かなりお気楽な映画鑑賞ではあります。

あらすじ
都会の喧噪を避け、逃げるように田舎の小屋で静かな生活をている高介(永岡佑)。ある昼下がり、海辺で本を読んでいると、高介の目の前を自転車に乗った若い女が横切り、そのまま海に突っ込んでしまう。その女・汐里(間宮夕貴)は今晩泊めてくれと交渉を仕掛けてくる。話しを聞こうともしない高介に、汐里は濡れた肢体を見せて「5000円でいいよ」と告げ、高介に野良犬のようにまとわりつくのだった。それでも動じない、女を絶つと心に決めた高介と、生命力と性欲を持て余し、野性味溢れる汐里との間でバトルが始まった…。



登場人物は、田舎に引っ込んで静かに暮らす高介。奔放な回遊魚汐里。離婚されて被害者妄想未練タラタラのカフェ店長。自動車修理工でベタな詩人。かつての同志で劇団を率いる女。冴えない劇団員男4人と純情そうな地味子。だいたいこんな感じです。
田舎でと言ってもすぐそこには街があり、人里離れた雰囲気はありません。従って高級なホームレスという感じでもあります。理由は物事を考えるのだったら静かな所にいないと駄目だから。そして、女も卒業したと。どうやら、過去は相当浮名を流したようです。

そこにロックオンして執拗につきまとう汐里については、過去は一切説明されませんが、自由に遊びにくるサーファーたちと楽しんで、計画的にターゲットの高介にちょっかいを出しに来る模様。あの手この手でまとわりついています。自動車修理工は見かけによらず純情派でロマンチスト、前半はこの3人と、汐里を自分の女と勘違いしている、カフェ店長を中心に話が進みます。コメディです。そして、カフェ店長はどうやら自爆したようで、カフェを自由に使ってくれと高介にお願いすることとなりました。

風に濡れた女

後半は、劇団一行の登場。率いるは高介の元カノで、あとはさえない4人の男と、1人の高介を神と慕う脚本家の地味子。芝居の練習に汐里が絡んできて、夜は高介の小屋の周りでキャンプすることに。その晩はセックスのオンパレードとなるところですが、汐里の計略通り、元カノを高介から奪ってレズに持ち込むと、あとは劇団員全員を相手にセックス。行き場を失ってムラムラしている高介は、地味子を犯すという行為に走ります。翌日残って高介の世話をやきたい地味子を体よく追い出し、現れた汐里と、ついにゴールイン。高介は汐里に焦らされて、多少は寝取られ感も募らせ、ついに陥落してしまいました。汐里とはアクロバティックな激しいセックス。おかげでボロ屋も崩壊、カフェに場所を移して再戦と長いセックスシーンが続きました。この部分のセックスシーンでは、セックスしながらカフェの残り物を集め、セックスしながら飲み食いします。ここはなかなか面白いと思いました。で結局汐里のロックオン成功。汐里の勝ちです。

という話なので、裸は満開なんですが、背徳感がほとんどないですね。ドラマやコメディとしては大変面白いですが...。唯一背徳の香りがあったとすれば、微乳の地味子さんを犯すところでしょうか。予想通りの白い下着でした。でも、今まで経験1人。高校の時体育の先生に無理矢理ってのを聞くと、一見は深刻な話のようですが、なりゆきからして再びコメディに戻ってしまいました。

結局は、ドラマ&コメディとしてはなかなか面白かったのですが、ロマンポルノとはちょっと違うかなと。今の時代にロマンポルノの感興は求めても詮無いもののようです。

それに、ジムノペディに乱れてもそうですが、主役が男ですね。 やはり、男が主役で、背徳感が無ければ普通のドラマ・コメディになってしまいますし、いくら脱いでも、ロマンポルノ的な昭和の背徳感は出てこないのです。リブートプロジェクトは、ロマンポルノをベースとしているとはいえ、今の時代の映画ということでした。そもそもロマンポルノ自体がいくつかの制約条件以外はフリーに作っていいわけですから、現在の監督がつくるとこうなるのは、不思議ではないのですが…

【リスト】 ① 裸のエロスを見る作品
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR