FC2ブログ

「ペット 檻の中の乙女」 男の一途な愛の行きつく先は?

題名もポスターも監禁物を指し示しています。監禁物にはいろんな結末があるので、ストーリー展開が楽しみなのですが、この映画は、特に意外な展開が特徴という風に聞いていました。確かにこのストーリー展開は面白かったです。まだの方は、下のあらすじを読まないで、まず見てみることをお勧めします。2016年のスペイン・アメリカ合作映画で、監督はカルレス・トレンスです。この映画は、2016年のシッチェスで脚本賞を受賞しました。

あらすじ
野良犬の収容施設で働くセス(ドミニク・モナハン)は、通勤バスで同じ高校に通っていたホリー(クセニア・ソロ)と出会います。ホリーが気になり始めたセスは、アプローチを始めますが、相手にされません。セスはなんとか振り向かせようと、ホリーの行く先々に訪れ、ストーカーじみた行動をとり始めます。そしてある日、ホリーの日記を手に入れたセスは、その中身を見るなり決意を固め、職場の地下室に檻を製作します。そして、ホリーの家に忍び込み、薬の注射で眠らせて檻の中に運び込んでしまいました。目を覚ましたホリーは、セスに理由を尋ねると、セスは「君を救いたい。君のためだ」と答えるのでした。

セスは日記を読み、ホリーを尾行するうちに、彼女の異常な行動を発見したのでした。ホリーはまず友人のクレア(ジェネット・マーカーディ)がホリーの元カレと浮気をしたことを知ると彼女を殺害、この事件以降、殺人の快楽を覚え、次々と殺人を繰り返していたのでした。セスはホリーに人殺しをやめさせ、正常な状態に戻そうと監禁したのです。しかし、ホリーはセスの心につけこみ、セスも惚れた弱みで彼女の術中に嵌っていきます。そして、監禁を突き止めてしまったセスの同僚を、ホリーはセスに檻の中から命じて殺させ、遺体の解体まで細かく指示してセスに実行させました。

ホリーは初めて人を殺したセスの心に更につけこんでいき、セスは精神的に完全に追い詰められていきます。そして、ホリーに「愛しているなら、指を切り落として」と言われた時、すっかりホリーの手の中にあったセスは、ナイフで指を切り落としました。ホリーはさらに檻から出すよう迫り、檻の鍵が開けられると、ホリーはセスに近寄り、キスをしたあと、彼の喉をナイフで突き刺します。

時が経ち、すっかり元カレとの楽しい日常に戻ったホリーは、ある倉庫を訪れます。そこには檻の中でセスが、目も白濁した屍のような状態で、ホリーに飼われていました。そしてホリーは、元カレの浮気を発見して殺しそうになったけど、セスの愛を思い出して幸せを感じ、思いとどまることができたと語り掛け、屍のようなセスは、ホリーにすり寄っていくのでした。



ペット 檻の中の乙女

前半は、セスがホリーに執拗にアタックする話。いわゆるストーカー的なしつこさでした。セスの職業や雰囲気からも、いかにもストーカーらしい演技で、はまっていたと思います。そして、ホリーの日記を見て様相が変わってきます。それもあってか、ついに拉致監禁に及んでしまい、しきりにあなたを救いたいと発言するセス。頭おかしいと思いつつ、だんだん様相が変わってきて、ホリーの方がシリアルキラーだと判明。攻守が逆転していきました。なかなか見事な展開でした。後半は二人の会話と、ケージ越しの行動が中心になっていきますが、緊張感のある展開です。

セスは、愛はすべてを与えるものと言い、愛したホリーをシリアルキラーから更生させようと、いかにも無謀な試みをしているようです。ホリーにとってみれば、無理に決まってるじゃん、的な余計なお世話と感じていた訳ですが、できるだけ利用してやろうということになります。彼女の為には何でもやってしまうような、盲目な行動の中で、ホリーは再び自由を得て、最後にはセスはホリーの暴走を抑える最大の心のよりどころとなったようです。セスにとってみれば、愛する彼女の為に生きることができて、これで幸せということでいいのでしょうか。

最後は、面白く終わったのですが、あの状況からどうやって倉庫に移動できたのかがちょっと疑問。警察もウロウロしている状況のはずです。ラトビア出身らしいクセニア・ソロさんは、終始きつい感じの演技で、雰囲気が出ていたと思います。そして、ドミニク・モナハンが危ない感じが良く出ていて怪演でした。一方的に愛を語る、異常かつ冴えない男を良く演じています。全体の展開は、面白く意外性もあって楽しめた映画でした。やはり、この手の映画を観るにつけ、最終的には女性の方が数枚上手になっていることが多くて、男って損だよなと思ってしまうのですが、何があっても最後に生き残るのは女性ですね。

2020.4.2 HCMC自宅にてAmazonPrimeよりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR