FC2ブログ

「スイス・アーミー・マン」サバイバルで役立つ死体コメディ

予告編を見て、チェックしていた映画だったのですが、ようやく見ることができました。予告編の死体のギミックに惹かれていました。さて、実際見てみると…。2016年のアメリカ・スウェーデン作品で、監督はダニエル・シャイナートと、ダニエル・クワンです。2016年のシッチェスで作品賞ほかを受賞しました。

あらすじ
無人島に一人漂着したハンク(ポール・ダノ)は、絶望し自殺しようとした時、浜辺に一人の男(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着いたのを発見します。駆け寄るとすでに死んでおり、死体からはガスがおならのように常に放出されていました。そして、その死体に跨ると、まるでジェットスキーのように海を突き進み、なんとか故郷の浜辺に辿り着きます。しかし、町に出るには目の前の森を抜けていかなければなりませんでした。ハンクはさらに死体と共に森に入り、孤独を紛らわせるべく死体に話しかけると、死体が返事を帰してきます。そして、口から飲み水を出したり、ガスで口から物体を銃のように連射したりと、万能なのでした。ハンクは死体をメニーと呼び、森の中で楽しく過ごし始めました。

ハンクはメニーに、思いを寄せているサラ(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)という女性の存在も教えると、メニーもスマホの写真を見てサラに恋します。ハンクはサラを想う時のメニーの股間が盛り上がる方角が、森を抜ける道だと悟り、脱出を目指します。スマホに電波が入り始めたので、サラのインスタを見ると、なんと彼女に夫がいることが判明しました。このことがメニーにばれてしまい、失望したメニーは突然能力を発揮しなくなってしまいました。その時、ハンクは熊に襲われてしまい、メニーは彼を見捨てる訳にはいかないと再び活躍し始め、捨て身でハンクを助けますが、ハンクは気を失ってしまいます。

ハンクが再び目を覚ますと、メニーが彼を担いで森を進んでいました。ついに森を抜けると、そこはちょうどサラの自宅の庭でした。外が騒がしいのに気づいたサラは、ハンクの様子に驚き、直ぐに救急車を呼びます。ハンクはただの死体に戻ってしまったメニーを警察が回収するのを阻止しようと、事情を話しますが、当然信じてもらえず、ハンクは死体を奪って再び森へ逃げ込みます。警官やサラが彼を追い、二人が楽しく過ごした痕跡を、皆は訝しみながら追跡し、再び浜辺に到着しました。ハンクは皆の前でメニーに最後のお別れを言い海に流すと、メニーはすぐにガスを放出し始め、皆があっけにとられている前で、高速で沖に向かっていくのでした。



スイス・アーミー・マン

予告編を見て以来気になっていた作品をやっと見ることができました。予告編では、メニーのいろいろなギミックが出てきますが、本編ではむしろそれらは、あっという間に過ぎ去ってしまい、二人の幻想と冒険譚がメインになっていました。ちょっと変わった感性の死体と交流し、身の不幸?を嘆き、ずぶずぶな交流を深めていくという展開。ハンクがスマホの画面にしている写真はバスで出会った人妻でどうにもならないというプロットです。

ハンクの彼女への想いがメ二ーへも伝染してしまい、空想の中で奪い合うようなドタバタ展開の中、ハンクはその幻想を助長しメ二ーを活性化させるために、自ら女装し彼女を演じるということに。いや、もともとのアイデアも面白いのですが、このドタバタ展開は意外でした。というか、ここまで膨らませて話が爆発してしまっているので、最後よくまとめましたという感じがしました。

しかし、この森の中はゴミが多いですね。不法投棄の山に分け入ったという感じです。そんな中で熊も出没します。きれいな渓流もあり、そのアンバランスも何とも言えません。ラストのあっけにとられたような人々の様子も、さすがファンタスティック映画祭作品のノリという感じがしました。ハンクの人生のトラウマを解決するようなストーリーで展開しますが、結局そんなことはお構いなしという感じで、これからも彼に幸あれと願うのみです。

2020.3.29 HCMC自宅にてAmazonPrimeよりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR