FC2ブログ

「とらわれて夏」 脱獄囚を匿う母子の心の動きが見どころ

ケイト・ウィンスレット主演のドラマ。脱獄囚との5日間の生活をテーマとした物語でした。ケイト・ウィンスレットの演技が存分に味わえる映画です。2013年の映画で、ジェイソン・ライトマン監督作品。ケイト・ウィンスレットは、ゴールデン・グローヴの女優賞ノミネートとなりました。

あらすじ
1987年の夏。離婚して鬱病を患っているシングルマザーのアデル(ケイト・ウィンスレット)は、13歳の息子ヘンリー(ガトリン・グリフィス)と郊外の一軒家に住んでいました。外出もままならない母をヘンリーはしっかり支えているつもりでした。ある日二人でスーパーに買い物に行ったとき、男に脅され自宅でかくまって欲しいとと頼まれます。男はフランク(ジョシュ・ブローリン)という脱獄犯で、二人は仕方なく、日没まで人質のフリをしてかくまうことにしました。翌朝は祝日の為汽車が来ず、フランクは家に残り、車や家の修理をこなしていきます。ヘンリーはフランクから野球を教わり、午後に隣人が届けてきた大量の熟した桃を使って、3人でピーチ・パイを作りました。そんなフランクに安らぎを見出したアデルは、フランクを引き留めるのでした。

翌日も、家の修理を続けるフランクに、アデルはダンスを教え、二人の仲は進展していきます。近所の人々の訪問などをうまく切り抜けながら過ごすうちに、恋人同士になった二人は、逃亡してカナダへ移住する計画を立て、ヘンリーに図書館でカナダについて調べるように頼みます。ヘンリーは図書館で出会ったレイチェルに、フランクに対しての複雑な思いを打ち明け、両親の離婚経験のあるレイチェルは、男を追い出さないと、ヘンリーが追い出されることになると忠告するのでした。家に帰ると、アデルはフランクへの想いをヘンリーに打ち明け、カナダで人生をやり直したいと話します。不安がるヘンリーには、もちろん3人で行くと言って、ヘンリーを抱きしめました。

カナダへの逃亡の前日、作業中に手を怪我をしたフランクの薬を買いに車に乗った時、アデルはフランクに、自分が何度も妊娠をしては流産を繰り返し、最後には死産をしてしまい精神を病んでしまったこと。そして、夫の不倫もあって離婚したと語ります。一方フランクは結婚しても男遊びの絶えない妻を突き飛ばした時に、運悪く殺してしまっていたのです。そして、出発の朝、警官のパトロールなどなんとか交わしはしたのですが、近所の人に見つかってしまい、外からパトカーのサイレンが聞こえると、フランクは二人を縛って人質に仕立て上げ、アデルにキスをし、ヘンリーにはたくましい男になるようにとメッセージを残し、警察に投降したのでした。

フランクには刑期が追加され、アデルは精神が不安定になり、ヘンリーの親権を父親に渡します。成長したヘンリーは、度々母親の元を訪ね、大人になると、フランクとの思い出のピーチ・パイの店を開業しました。もうすぐ刑期が終わるフランクは、ヘンリーのベーカリーを雑誌で知ると、アデルがまだ独りなら手紙を出したいと記した手紙を送ります。そしてフランクが出所すると、そこにはアデルが迎えに来ており、2人は抱擁を交わし新しい生活を始めたのでした



とらわれて夏

ストーリーは単純ではありますが、普通に考えればいろいろと無理筋じゃないかなぁと思いました。それでも妙に納得してしまうのは、とてもうまく見せられたということだと思います。ストックホルム症候群とか頭をよぎりましたが、それよりも個々のキャラクターの造形と素晴らしい演技にやられてしまったということだと思いました。映像もアメリカの小さな田舎町の風情がよくでていて、なかなかきれいなのでした。そして、こういったストーリー展開ですから、緊張感も持続し目が離せないというところもありました。

ラストについては、ここで終わってもいいなという場面を何度か感じましたが、まだまだストーリーが先へと延びていきました。ここまで見せてくれればサービス満点で、すべて納得して、感動したまま帰れるというものです。ということで、大変親切な作りになっていますし、ちゃんとお望みどおりに落ち着けましたという感じです。脱獄犯のフランクは、実は理想的な男性であり夫であって、なかなかバランスの良い、出来過ぎくらいの男に描かれています。ただし、アデルにいろいろと教える場面が、ことごとく後ろから手を回したり、故意に手を重ねたりなど、エロ親父的なわざとらしい感じなので、そこは笑ってしまいます。

それで、やはりということなのですが、この物語の一番はケイト・ウィンスレットと少年の役柄と演技だと思いました。男はいわばストーリーの進行役であり、展開を進めるタイムキーパーのようなもので、ケイト・ウィンスレットの素晴らしい演技を堪能し、少年の行動を見るということだと思います。実際に中学1年生という年代で、どういう反応をするのか?母子で育ってきて、母親をサポートするという役割を自らに言い聞かせてきた少年の前に現れた男性に、母親が急速にひかれていくところに遭遇し、少年はどう行動し、どんな影響がでるのか。そういった効果も重なって緊張感が増していきます。やはり、基本は無理筋なストーリーでありながらも、巧みな展開と演技に脱帽しましたといったところだと思いました。

2020.3.22 HCMC自宅にてAmazon Primeよよりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR