FC2ブログ

「武器人間」 POVで各種各様の改造人間の造形を楽しむ

なにやら面白そうなジャケ絵にひかれて見てしまいました。いろんな造形の改造人間が出てくるという、遊び心満載の映画です。2013年のオランダ=アメリカ=チェコの合作映画で、監督はリチャード・ラーフォースト。原題は、Frankenstein's Armyでした。2013年のシッチェス映画祭にて、Special Mention goes to a feature film from the In Competition Official Fantàstic Panorama Selection:という賞を受賞しています。賞の内容は良くわかりません…。

あらすじ
第二次大戦の独ソ戦。従軍して記録映画を撮影するディマ(アレクサンダー・マーキュリー)の同行する部隊は、救難信号をとらえます。ノビコフ隊長(ロバート・グウィリム)以下はその信号を頼りに進み、ある謎の教会にたどり着きました。内部はさながら工場のように改造されており、ディマは最年少の兵士サシャ(ルーク・ニューベリー)に発電機のスイッチを入れさせます。すると、建物の中にいた、人間のような形をした者が暴れ始め、隊長を殺害。それを始末したあと、階級上位のセルゲイ(ジョシュア・ザッセ)が指揮の立場につきます。

さらに進むと今度は一人の男性に遭遇。彼はここに一人の博士がいることを吐露し、セルゲイ達はその博士に会うべく、建物の奥へと入っていきます。そこには、殺意を持った謎の生物や、切り刻まれた人体のパーツが多数存在していました。その生物たちは人体のいろいろな部分が武器に改造されており、次々と攻撃をしかけてきます。そしてついにディマは、政府の指令で偽の信号を発して部隊をだまし、この地にいる博士を捕獲するという命令を帯びていることを告白。その博士はフランケンシュタイン博士の末裔にあたり、ここにいる怪物たちを創造していたのでした。

セルゲイ達は隙を見てディマをシュートに落として置き去りにして逃げ出します。そしてディマは博士(カレル・ローデン)に遭遇。博士はカメラに興味を持ち、人体実験の様子を映像に撮らせます。そこではディマを置き去りにした隊員たちが捕まって改造されていくのでした。そして、ディマもついに実験材料にされるべく拘束されたとき、博士は突然サシャの銃撃を受け死んでしまいます。サシャはディマを救出することなく、博士の首を持って立ち去り、残されたディマは、改造され怪物と化したセルゲイに食われてしまいます。その後サシャは偉業を達成した英雄としてスターリンの前で称賛されたのでした。



武器人間

題名とジャケから何やら不穏なものを感じますが、シッチェス映画祭で何かしら受賞しているので、大丈夫だろうと、いやむしろ見逃せないだろうという感じで鑑賞しました。POVで撮影されているので、画像が揺れてあまり好きではないのですが、第二次世界大戦中のPOVという雰囲気の演出がいろいろと見られます。その設定の割に、カラーという贅沢なものですが、そうでないとグロさがでませんですね。

導入の部分は緩い感じですが、まずトップが殺されるという展開で入り、あとは分裂状態でカオスになっていきます。そこに現れる武器人間たち。造形がなかなか面白いです。そして、グロさもかなりのもの。科学者はフランケンシュタインの末裔という設定ですが、ホラーとして怪物が中心に描かれるフランケンシュタインも、創造過程はグロいものですよと語っているようです。

ラストに向けて二転三転する展開も楽しめました。グロさに耐性があれば、なかなか楽しめる映画だと思いました。そこは、さすがファンタスティック映画祭の受賞作品というところでしょう。POVの画面酔いと、グロい映像を乗り越えて、ギャグと武器人間の造形を楽しむという、観客に覚悟と試練を突き付けてくるような映画でした。

2020.3.10 HCMC自宅にてAmazon Primeよりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR