FC2ブログ

「母という名の女」 母であり女である母親と、母になった娘

ジュリエッタを見て、エマ・スアレスの出演している映画を探していると、この映画が目につきました。2017年のメキシコ映画で、ミシェル・フランコ監督の作品です。カンヌでは、ある視点部門で、審査員特別賞を獲得しています。なかなか大胆な内容の映画のようです。

あらすじ
クララ(ホアナ・ラレキ)とバレリア(アナ・バレリア・ベセリル)の姉妹は、二人で海辺のリゾート地に暮らしていました。バレリアは同年代のマテオ(エンリケ・アリソン)の子供を妊娠中のところに、長らく姿を見せていなかった母親のアブリル(エマ・スアレス)が帰ってきます。バレリアに娘のカレンが生まれると、まだ若い二人をなにかとアブリルが手助けしていましたが、ある日アブリルは二人には無断で、マテオの父親にカレンの親権放棄のサインをさせ、自分の養子にしてしまいます。そして、アブリルは旧知のハウスキーパーの家に預けてしまいました。

子供を奪われたバレリアは、部屋に閉じこもってしまい、マテオとの間もうまくいかなくなると、アブリルはマテオを誘って、カレンに会わせに行きます。その帰りに、マテオにホテルに宿泊させたアブリルは、マテオと肉体関係を持ってしまいました。そして二人は海辺の町から消え、メキシコシティーで新しい生活を始めたのでした。ある日海辺で暮らす姉妹の元に、不動産屋が室内の写真を撮りたいと訪ねてきます。アブリルが別荘を売りに出したのです。バレリアは不動産会社に母親の連絡先を尋ねますが、個人情報は教えてくれません。

バレリアは、一人でメキシコシティーに向かうと、不動産屋を訪ね、アブリルを近くのヨガ教室で見かけると情報を得ました。そして、アブリルとマテオが通り過ぎるのを発見したバレリアは、二人が家からカレンを乗せて車で出てきた時に、叫びながら駆け寄りますが、アブリルは猛スピードで振り切ります。アブリルは、居場所をマテオが喋ったと考え、無理やり車から降ろすと、カフェに立ち寄り、店内にカレンを放置して立ち去ってしまいました。保護されたカレンを、バレリアはマテオとともに引き取り、空港に向かいながら、マテオと再び一緒に暮らそうと話します。しかし、空港でカレンを連れて飲み物を買うために、マテオと離れたバレリアは、そのままタクシーで、カレンと共に空港を立ち去るのでした。



母という名の女

母親が主人公の映画を連続して見てしまいました。それぞれ、かなり強烈な母親像を見せてくれていますが、そして、この映画も予告編を見れば強烈な母親の部類です。お目当ては、もう一つ。ジュリエッタのエマ・スアレスを見てみること。彼女の映画は日本での劇場公開がほとんどなく、昔の映画は中古VHSを漁ることになるという状態のようです。若き日のバンデラスとの共演なんかもあるのですが…。それで、さすがに強烈な母親たちを連続して見てくると、この母親はその中では、やることはナカナカのものですが、最も場当たり的でした(笑)。

ミシェル・フランコの作品ですが、細かくシーンからシーンへと話が跳んでいきます。それはまぁ、話の進行が早くていいのですが、いきなり子供が生まれていたのはびっくりしました。生みの苦しみとかあれば、もっと母親像に厚みが増したかも…。逆に言えばとてもあっさりした感じを残しました。あとは、画面が全体的に暗くて、アップなんかも少なく、表情を追いづらい感じがします。それとの対比でラストが決まっているとも言えるのですが。母も娘も二人とも母親ですが、どちらも子供への執着の強さを感じます。マテオは残念ながらアブリルの相手をするには若すぎますね。アブリルの性格であれば、いずれ飽きられるのでしょう。

もう一つの目的のエマ・スアレスは、前半は太ったおばさんみたいな感じで、年相応の中年女を演じ、恋人ができてからは、いきなりセレブに豹変しました。見ている分には後半の姿がいいのですが、前半で、子供に徐々にちょっかいを出していくあたりが見もので、海辺で遊ぶ両親を叱ったりするところは、よくありがちな嫌な感じが沁みだしています。ただ、フランコ監督の短いカットや絵の雰囲気を見るに、なんかせっかちだなぁ…、という印象も受けました。カンヌに相性のいい監督さんのようです。

2020.3.2 HCMC自宅にてAmazon Primeよりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR