FC2ブログ

「ジェイン・エア」(1996) 美しいだけに残念な映画

たまには、オーソドックスな文芸作品もいいかなと、GAYO!に上がっていた、「ジェイン・エア」を見ました。フランコ・ゼフィレッリ監督、シャルロット・ゲンズブール主演。シャルロットは「小さな泥棒」以来、好きな女優の一人ですので、再び出会えることに期待大です。1996年の映画です。

あらすじ
幼くして両親を亡くしたジェイソ・エア(アンナ・パキン)は、叔母のリード夫人に引き取られるが、持て余した叔母は、ローウッド寄宿学校に預ける。寄宿学校は冷酷な人物に運営されており、生徒たち過酷な日々に耐えていた。ジェインの唯一の味方は、女性教師のミス・テンプルと同級生のヘレンだったが、陰湿な仕打ちが元で、病弱なヘレンは死に、ミス・テンプルの励ましを支えに10年間を耐え抜き、成長したジェイン(シャルロット・ゲンスブール)は、家庭教師の職を得て、ロチエスター卿の屋敷に向かう。
ロチェスター卿が面倒を見ている10歳の娘アデールの家庭教師となった彼女は、家事を取り仕切るフェアファックス夫人に暖かく迎えられ、夢のような待遇を得る。そんなある日、ジェインは森の中で落馬した男を助けるが、その魅力的な男性こそ、当主ロチェスター(ウィリアム・ハート)だった。ロチェスターは次第に聡明なジェインにひかれていき、彼女も、彼の態度の中に潜む孤独の影が気になり始める。だが、彼女の恋心も、華やかな夜会でロチェスターと貴族の令嬢ブランシュが踊るのを見て、決して実らないものだと思い知らせれた。
数日後、ジェインは死の床に横たわる叔母リードを見舞い、父の弟がジェインを捜して財産を譲りたがっていたことを知らされた。そして、ソーンフィールドに戻ると、ロチェスターに呼び止められてプロポーズされる。結婚式当日。弁護士が来て「この結婚は認められない。卿には妻がいる」と言われ、それは、屋敷の最上階の部屋に幽閉された、狂気にとらわれた女だった。ロチェスターは、財産のために彼女と結婚させられ、以来、15年間苦しみ続けて来たのだ。ジェインは「行かないでくれ!」と言うロチェスターの叫びを振り切って飛び出したが、やがてロチェスターの元に戻ると、失明したロチェスターと再会し、ようやく結ばれるのだった。



ブロンテの小説ジェイン・エア。たぶん読んでいません。嵐が丘は読んだ記憶がありますが…。映画のストーリーは上記の通りで、基本原作に忠実に展開されていますが、残念ながら省略部分もあるようで、原作を知らないと、話が繋がりづらくなっているようです。これは、大きなマイナスポイント。なんで彼女がロチェスターのもとに戻ったのかが、きっちり描かれていないため、唐突に作ったようなラストになってしまいました。

フランコ・ゼフィレッリは、「ロメオとジュリエット」が有名で、そちらは、若きオリビア・ハッセーを見ることができる美しい映画でした。あとは「チャンプ」?オペラの演出家という一面を持っていますので、美しく演出することにかけては右に出るものがいないのでしょうが、どうもこの映画、いろいろな場所で、妙なぎこちなさが残る印象を禁じ得ません。

ジェイン・エア

それは、さておき、シャルロット・ゲンズブール、凛としていますが終始無表情ですねぇ。その中で、いろんな感情を演技しているのは大したものなのですが、もう少し柔らかくてもいいのではないかと…。これも演出なんでしょうが。子役のアンナ・パキンはなかなか溌溂として素晴らしかったので、ちょっと硬さが目立ちました。

やはり、それにしても、メイソンがなぜ現れたかとか、かなり唐突ですし、リード夫人から話を聞いてから、どう繋がるのかなども何もないし、読んでない原作と、シャルロットと、美しい絵には敬意を表しますが、映画としてはどうかと思いますね、これは。普通に見て、面白い映画にはなっていますが、題材や格調などを勘案すると、どうしてこうなの?という疑問が残る残念な映画でした。

「ジェイン・エア」そのものは、過去に何度も映画化された名作であり、日本でもそのうちいくつかが公開されていますので、むしろそちらの方に興味を惹かれます。最新では、ミア・ワシコウスカ主演による2011年のもの(オスカーの衣装部門ノミネート、古くは、オーソン・ウェルズ、ジョーン・フォンテiインによるもの(1940年)。きちっと物語を確認する意味でも、切に見てみたいと思っています。ちなみに、この1996年作品以外は、邦題が「ジェーン・エア」になっています。
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR