FC2ブログ

「必死剣鳥刺し」 藤沢周平の隠し剣シリーズの1作を映画化

藤沢周平の時代劇、ひところハマっていました。人情噺がとても面白く、読みふけった記憶があります。そんな藤沢周平の作品集である、隠し剣シリーズからの一編。2010年の映画で、監督は平山秀幸。東映の配給です。モントリオール映画祭のコンペティションにノミネートされました。

あらすじ
海坂藩で近習頭取を努める兼見三左エ門(豊川悦司)は、藩主の右京太夫(村上淳)の愛妾、連子(関めぐみ)を場内で刺殺します。当時連子は、右京を通じて藩政に口出しし、思うがままに藩主に冷酷な進言を行い、気に入らないものを抹殺していたのでした。三左エ門は最愛の妻、睦江(戸田菜穂)を病気で亡くし、死に場所を求めての行動でしたが、下されたのは意外にも一年の閉門。その後、再び仕えることになります。釈然としないながら、亡き妻の姪である里尾(池脇千鶴)に励まされ、再び活力を取り戻していきます。

ある日三左エ門は、彼の斬首を思いとどまらせた人物である、中老の津田民部(岸部一徳)から、右京暗殺計画の情報を入手したと聞かされます。民部は。「鳥刺し」という必殺技を持つ剣豪の三左エ門に対し、計画を阻止することで藩への貢献の機会を与えたのです。相手は、藩主の従弟である剣の達人、帯屋隼人正(吉川晃司)。彼は、臆せず藩主に意見する唯一の存在でした。三左エ門は、藩命に従うことを決意しました。

ある日隼人正は屋敷に乗り込み、屋敷内で斬り合いが発生。三左エ門が立ちはだかりこれを倒します。しかし、そこに現れた民部たちに取り囲まれてしまいました。全ては民部の策略、右京太夫は三左エ門を許した訳ではなく、民部の計略に従い、利用して亡き者にする腹だったのです。三左エ門は民部配下との斬り合いで重傷を負いますが、その激闘の中で、藩主を操る黒幕が民部であったことを知ります。一人の配下が三左エ門に刀を突きたて、ついに力尽きたと思われたとき、倒れた三左エ門に近づいた民部に誰も見たことがないという秘剣「鳥刺し」を使用し、民部を打ち取ると、殺到してきた配下の前に力尽きたのでした。



必死剣鳥刺し

「切腹」を見た後で続けて見始めた必死剣鳥刺しですが、妙に話の内容が頭の中で混乱してしまいました(笑)。さて、天涯孤独となった兼見三左エ門が、藩を救うため権威を振う側室の連子を刺殺。重罰が下ると思いきや生かされ、剣の腕を見込まれ再び出仕することとなり…というお話。どちらかと言えばストーリーを楽しむ時代劇ドラマという形と思います。主役の豊川悦司がなかなかいい味を出しています。あと、目立つのは岸部一徳でしょう。いかにも悪者という感じで。

昔々、藤沢周平にはまって、かなりの作品を読んだことがあって、その内容はほとんど忘れてしまいましたが、海坂藩ものもいくつか楽しんだ記憶があります。そういう記憶からくるイメージで、この映画を見始めたのですが、あまり藤沢周平的な雰囲気は感じませんでした。藤沢周平のイメージはむしろ「たそがれ清兵衛」の方が良く出ていて、ましてやあちらは山田洋次監督で、雰囲気も近いものがあります。そういう意味ではちょっと期待と違ったような。

そうはいっても、ストーリーとしてはなかなか面白いもので、いわば短編小説的なオチの決まっているストーリー。原作は、隠し剣シリーズに含まれ、秘伝の剣術を披露せざるを得なくなる設定の一連の短編集です。誰も見たことの無い、披露したことの無いような剣術とは…。そして、この隠し剣シリーズは、他に2本も映画化されています。それらも、ぜひ見てみたいです。やはり、藤沢周平の世界は大好きなものですから…。

2020.1.23 自宅にて、NHKBS Premium の録画鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR