FC2ブログ

「透明人間(1933)」 古典SFの映画化で、リブートも決定

H・G・ウェルズの古典SF作品の一つ透明人間は、いままで何度か映画化されています。その代表的な存在であるのがこのユニバーサルの透明人間で、ユニバーサル・モンスターズの一つとして映画化されました。1933年の映画で、監督はジェイムズ・ホエール。1934年のヴェネツィア国際映画祭で、Special Recommendationを受賞しました。

あらすじ
顔を包帯で覆い、黒いサングラスをした奇妙な男が、アイピングという村の宿屋にやってきます。男は部屋への出入りを禁じ、閉じこもって実験を開始しますが、それは透明人間状態から回復するための研究でした。宿屋の主人(フォレスター・ハーヴェイ)とヒステリックな妻(ウナ・オコーナー)が、部屋代の滞納の対応で男を追い出そうとすると、男が暴れだし、笑いながら包帯を剥ぎ取って主人を階段から落としてしまいます。そして、男が透明人間であることが明らかになったのでした。彼は服を全部脱いで透明な姿になると、村でいろいろな騒動を起こします。警察はその証言を相手にしませんでしたが、やがて警官が透明人間に絞殺され、村は一気に恐怖に陥れられました。

透明人間は、モノケインと呼ばれる薬品を使った実験により、ジャック・グリフィン博士が発見し、自ら使用したものでした。彼は研究所から長らく消え失せており、師のクランリー博士(ヘンリー・トラヴァース)や、同僚のケンプ博士(ウィリアム・ハリガン)、グリフィン博士の婚約者のフローラ(グロリア・スチュアート)は彼の行方を追っていました。しかし、モノケインはグリフィンを透明にしたうえで、性格までも変え、凶悪で透明人間として世界征服をたくらむまでになっていたのでした。宿屋から逃げてきたグリフィンは、ケンプを監禁し、助手になって世界征服を助けるよう要求します。ケンプは、グリフィンの隙をみて、クランリーに助けを求めると同時に警察に通報。クランリーとともにやってきたフローラは、グリフィンとの愛を確認し、これ以上の犯罪行為をやめるよう説得します。

グリフィンは警察が来たのを見て、ケンプが裏切ったと知り、翌日の午後10時に殺害すると予告します。ケンプは警察の支援もあって、警察官に変装しますが、グリフィンに見破られ、殺害されます。なおも、凶行を続けるグリフィンですが、ある農夫の通報で、納屋に透明人間らしい者がいることを突き止め、納屋に火を放つとグリフィンは納屋から出て、逃走しますが、積った雪の上の足跡が残ってしまい、警察に見破られ銃撃されました。グリフィンは病院に搬送され、そのフローラが見守る死の床で、モノケインの効果が薄れていき、実体をあらわすのでした。



透明人間 1933

H・G・ウェルズのSFでは、宇宙戦争やタイムマシンほどの派手さはないのですが、この作品も有名なもので、この映画も非常に堅実に作られていると思いました。やはり、見どころは、服だけ着た透明人間とかの特撮映像だと思いますが、なかなか見事な出来栄えで、雰囲気が良く出ていると思います。自転車が走るところとかも、映像的工夫が面白く感じました。透明人間の性格も悪に徹しており、それが死んで顔が現れるラストは、なかなか印象的でした。

熱演は、宿屋の妻のウナ・オコーナーですが、この描写はなかなか面白かったと思います。なにか典型的なものをいろいろよく表していると思いました。あとは、警察や村人たちの慌てぶりとかがなかなか面白く感じました。逆に、博士たちは普通でした。ただ、全体的にきっちりしていると思います。さすが、フランケンシュタインのジェイムズ・ホエール監督です。ホラー専門かと思ったら、1936年のショウボートとかも撮っているのですね。
  
さて、「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」の失敗で音沙汰がなくなっていたダークユニバースですが、いよいよ2020年の2月に、この透明人間で復活するようです。今後単体物としてリブートするとのこと。監督は、リー・ワネル、俳優は、エリザベス・モスや、オルディス・ホッジらの名前が挙がっています。いずれにしても、予告編を見る限りは、現代風にリブートされているようですので、どんな趣向が凝らされているか楽しみです。

2020.2.7 HCMC自宅にてAmazon Prime よりのパソコン鑑賞 
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR