FC2ブログ

「不倫する肉体」 閉塞感から、さらに別の閉塞感へ

Amazon Primeで見つけた映画。誘うような邦題に多少の下心を感じつつですが、だいたいこういった感じは、ガチのドラマが多いというのが経験則。今回はいかがでしょう。メキシコ映画と言うのも楽しみです。2014年の、アーネスト・コントレラス監督の作品です。凝った原題なので訳し方がよく解らないのですが、「あいまいな春」という所でしょうか。
原題:Las oscuras primaveras

あらすじ
薄暗いビルの地下施設。このビルで働くOLのピナ(イレーナ・アスエラ)と、地下施設の作業員イゴール(ホセ・マリア・ヤスピク)は、出会うと欲望のままに求めあいますが、ふと我に返り、互いの名を聞いてその場を別れます。イゴールは家政婦をしている妻のフローラ(セシリア・スアレス)と二人暮らし。貧しいなからも穏やかな暮らしでした。ピナは離婚して小学生のロレンソ(ヘイデン・メインバーグ)と二人暮らし。ロレンソは元夫を慕っていて、連絡を取り合っています。そして、ロレンソは学校祭の演劇「麗しき春」で、ライオン役を与えられていました。

ピナはロレンソの世話に手を焼き気味でした。ピナの家での姿は行儀のいいものではなく、ロレンソもそんな姿が好きではありません。ある日ピナは、食堂でイゴールを見かけて誘惑すると、ホテルでの密会を約束をします。フローラは堅実な妻で、友人とグループ預金する話を進めていましたが、誘いに乗り気ではないイゴールに不安を覚え始めます。ロレンソもピナの変化を感じ、何かと妨害を始めます。そのような状況で、密会の約束はタイミングが合わず流れてばかりでした。ある日、イゴールはフローラが貯金をしようと思っていた金を使って、オフィス用のコピー機を買ってしまいます。フローラは驚き、イゴールを責めますが、なしのつぶて。ますます、イゴールへの不信が募ります。一方、ピナはロレンソの演劇用の衣装の材料探しに奔走しますが、ある日、ロレンソがおもちゃを片付けないことに切れてしまい、まとめて捨ててしまいました。ロレンソは拗ねてしまい、親子の間は冷たく険悪なものになっていきます。

フローラとイゴールはお互い気を遣い、久々にデートを楽しみますが、情事にまでは進展せずフローラは不満が募っていきます。ピナは拗ねているロレンソに愛想が尽きて険悪なままですが、ロレンソの舞台衣装は手作りで完成させました。しかし、ロレンソは父と相談し、父に引き取られることになったことを告げ、ピナは別れ際にライオンのメイクを施してやります。その頃、やはり自分の貯金をコピー機に使われたことに怒りが収まらないフローラは、一人で遠くに引っ越す決意を固め、友人に手伝ってもらいながらコピー機を搬出しようとしますが、フローラは誤って転倒し、コピー機に押しつぶされてしまいます。ちょうどその頃、一人きりになったピナとの元にイゴールが現れ、二人は激しいセックスに没頭していました。季節は春を迎え、ロレンソのいなくなった小学校で、「麗しき春」の演劇が行われているのでした。



不倫する肉体

倦怠期の夫婦の男性と、離婚して母子家庭となった女性の不倫。といっても肉体関係が無いまま進行している様子で、映画のほとんどは肉体関係に至るまでのすれ違い、紆余曲折です。惹かれれば惹かれるほど家族と心が離れていきます。その過程で家族は崩壊していきます。一方、当事者にとっては不倫を妨げるのは、それぞれの家族との関係で、思い通りにならずフラストレーションがたまり、それがまた家族に影響していきます。邦題が直接的過ぎて安っぽくなっています。あまり日本語的なベタな感覚で、不倫と捉えない方がいいかもしれません。不倫は確かに中心的テーマで、トリガーでもありますが、それに関連して起こる様々なことを描いていて、一言で片づけると趣旨が狭まるような気がします。起こっている内容は不倫以前の問題もあります。

女性側は離婚後の子供の教育の悩みを持っています。この子供が母の行動に対し、嫌がらせのような報復をしているように描かれていますが、ちょっと不自然でやり過ぎ感があります。不倫以前に、離婚問題と母の接し方の問題でしょう。だんだん、子供が邪魔というのが態度に出てきます。男性側は、コピー機を買った意味が良く解りません。破壊的な嫌がらせでしょうか?妻への愛情が消えていることが、努力していい関係を作ろうとしても、全く勃起しないというところに現れています。妻の方は特に欠点が無いのに、死んでしまうのは、男女とも一人になるように釣り合いをとる為でしょうか。

最後の最後でやっと肉体関係にこぎつけた時は、結局二人とも独り身となっていて、すでに不倫という定義に当たらなくなる状況になってきているわけですが、それを知らずに不倫の枠の中で求めあう二人。このような結末は、二人の未来にいい影響はないという様な雰囲気で終わります。結局、元々の閉塞感が、状況が変わって別の閉塞感に変わったまま終わった感じでした。途中のエピソードも、成り行き任せで、行ったり来たり、ああでもない、こうでもないが多く、その中で、人間の利己的な性や、心の動きを描くのがこの映画の目的だったのでしょう。コピー機が商売道具になってお客さんが来始めているところが、唯一明るさを感じたところです。

2020.1.5 HCMC自宅にてAmazon Primeよりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR