FC2ブログ

「僕だけの先生~らせんのゆがみ~」 和田みさの怪演が凄い

城定監督の作品の連続視聴していますが、今回は湊莉久主演作品です。先生ものみたいですが、家庭教師です。そして…。2016年のVシネマ作品になります。

あらすじ
女子大生の美雪(湊莉久)は、町で見かけたバイト募集の張り紙を見て、浪人生・間宮清彦(橋本雄大)の家庭教師を始めました。間宮家は姉・智子(和田みさ)と弟・清彦の2人暮らし。美雪が家庭教師をしている間、智子は男を捕まえて金を稼いでいるのでした。そして、清彦は授業中、美雪に睡眠薬を飲ませ眠らせると、服を脱がせて撮影を始めます。男とホテルにいた智子は、頭痛で清彦の異変を察知。急いで戻って現場を押さえると、清彦は今まで性欲の対象になる雑誌などを何も買ってくれなかったから、こうせざるを得なかった姉をなじります。実はこの姉と弟は、義父に育てられていましたが、姉は常に性的虐待を受けており、二人で義父を撲殺し、庭に埋めていたのでした。

姉は、事件が外に漏れるのを恐れ、清彦には黙って美雪を監禁してしまいます。そして、授業の時間だけ、監禁場所から清彦の部屋に連れていくようにしました。美雪は脱走を試みますが智子に阻まれ、監禁部屋にいる間は鎖でつながれるようになります。弟はいつしか美雪が監禁されていることを知り、ある日智子に遠くに行かないと買えない買物を頼むと、美雪の部屋に行き、セックスさせてくれれば解放すると話し、美雪は即座にこれを受け入れ、清彦は思いを果たし、美雪は解放されました。買い物から帰って来た智子は、美雪がいなくなったことを知らず、清彦を愛しむように会話を交わすのでした。



僕だけの先生~らせんのゆがみ~

タイトルバックがいきなり不穏な音楽で、先行きのストーリーを暗示します。そして募集広告を貼る和田みさも怪しいし、面接をする2人も怪しいので、何か起こるのではないかという感じを盛り上げていきます。そして、猟奇監禁事件へと発展していく訳ですが、まぁこの手の映画はよくあるので、ちょっとヌルさを感じました。周りが全く騒がないというのも変ですし、美雪が従順に授業を続けているのも変です。服は結構変わっていたけど、姉が買ってきたのでしょうか?それとも姉の服ってことは無いですよね。弟にすぐわかりますから。ということで、限られた条件の中では難しいかもしれませんが、サスペンスとしてみると、かなり無理があると思いました。

やはり、この映画は、和田みさの怪演が目立ちます。これは、完全に主演を食ってますね。登場する時間も和田みさの方が多いのではないでしょうか。最初の売春の場面とか、かなりのギャグが入っていて失笑してしまいます。そして、次は真っ赤なドレスと金髪。完全にコスプレをしてますね。城定監督は和田みさに女子高生の服を着せるのが好きなのでしょうか。「ミク、僕だけの妹」の時も、凄いセーラー服姿でした。また、過去の回想の白黒場面は、この映画の中では一番迫力がありました。湊莉久の方は、まぁ普通ですね。もっぱら脱ぎ役に回りつつ、女子大生らしい演技をしていると思いました。最後はあっさり「いいよ」と同意してしまうところは、ちょっと違和感がありましたが、ストックホルム症候群的な表現が入っていたのでしょうか…。湊莉久さんは、2019年に完全引退してしまいました。

ということで、ストーリー的には、まとまっているのですが、いろいろとツッコミどころの多い映画でした。サスペンス系でツッコミどころが多いとちょっと困るなあと思いつつ、でも城定監督は一定の水準は維持しているとは思いました。ということで、見ている間は楽しかったです。城定監督の作品、Amazon Primeで会員特典で見られるのは一通り見たような気がしますが、また見つけたら是非いろいろと見てみたいと思います。

2020.1.4 HCMC自宅にて、Amazon Primeよりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR