FC2ブログ

「ザ・リトル・ストレンジャー」英国らしい静かなミステリー

英国のミステリー作家、サラ・ウォーターズの「The Little Stranger(邦題:エアーズ家の没落)」を原作とするミステリー映画。叙情豊かな英国らしいミステリーでした。2018年の映画で、英・愛・仏合作。監督はレニー・エイブラハムソン。ルームを作った監督で、それも鑑賞の動機になっております。日本未公開、ネット配信ありです。
映画原題も同じくThe Little Strangerです。

あらすじ
ファラデー医師(ドーナル・グリーソン)がエアーズ家の古い館を訪ねたのは、メイドのベティ(リブ・ヒル)の病気の往診でした。館には、顔に大きな戦争の傷痕を残し、足の不自由な当主ロデリック(ウィル・ポールター)と、母エアーズ夫人(シャーロット・ランプリング)、姉のキャロライン(ルース・ウィルソン)が住んでいました。ファラデー医師にとってこの屋敷は、彼の母がメイドとして住み込んでいた館。小さい時に、普通だと入れない村人の自分が、母のおかげで入ることができた時、その館を歩き回り主になったような錯覚をしたものでした。今や、エアーズ家は没落し、栄華は過去のものになっていました。そんなある夜、数人の客を招いてのパーティーの最中、客として来ていた少女が犬に襲われ重傷を負ってしまいます。その日、ロデリックは惨劇を予言していましたが、その後も彼は家に悪霊が住んでいると話すようになります。

キャロラインに惹かれていたファラデーは、屋敷から出ることの少ない彼女の気分転換のためにダンスに連れて行くと、帰りの車の中で彼女はファラデーに迫りますが、その日は思い直して別れました。ロデリックが病気の治療の為に屋敷を離れることになり、ファラデーは母と娘とメイドだけの生活になったキャロラインを訪問し、結婚を申し込みます。その頃、屋敷では不思議な現象が続いており、亡くなった姉のスーザンの痕跡を残しながら、騒乱が起きるようになっていきます。ファラデーは騒霊ではないかと友人と語り合っていましたが、エアーズ夫人はファラデーに、キャロラインを屋敷から連れ出して欲しい。自分はスーザンと屋敷に残ると話すと、不思議な現象が起こる中で昏睡状態になり、そのまま自殺してしまいました。

母の葬儀の日に帰って来たロデリックも、キャロラインを屋敷から連れ出すように言い残して去りますが、2人は六週間後に結婚しファラデーが屋敷に住むことを約束します。しかし、しばらくしてキャロラインは気が変り婚約を破棄、屋敷も処分し、弟とアメリカに移り住むと言い始めます。ファラデーは茫然とし、何も手に着かない日々が数日続いたあと、往診で外に出ていた時に、屋敷からベティの通報があり、キャロラインがかつぎこまれましたが即死状態でした。ベティの証言によれば、その日夜中にキャロラインは一人で誰もいない3階に上がった時、空き部屋にいる人影を見て、「あなただったの」と驚きの声を上げ、階段から落ちたとのこと。この事件は精神錯乱状態に寄る事故死として処理されました。

荒れ果てた屋敷を中を一人ファラデーが彷徨っていました。子供の頃に村人がとても入れないこの屋敷の中を彷徨って、自分が当主になった気分になっていました。そして、荒れ果てた今も、その執着が続いていたのでした。



The Little Stranger

イギリス女流作家のミステリーらしい作品でした。終始ただただ穏やかな雰囲気。ゆっくり時間が流れます。謎解きについても、はっきりしたものではなく、かなり叙情的で、ドラマに近いミステリー。原作はThe Little Stranger (2009) 邦題:エアーズ家の没落で、サラ・ウォーターズの作品。サラ・ウォーターズは読んだことはないと思いますが、同じイギリスの推理作家、ルース・レンデルを思い出しました。同じような雰囲気があると思いました。

キャストは、監督はじめ、ビッグネームも多数出演しています。そして、シャーロット・ランプリングが出ていたのは驚きました。ラストはちょっと曖昧な感じもしますが、なるほどという結末で、話の落としどころとして、すっきりはします。途中で伏線も回収されています。事件は物語の後半に集中して起こりますので、それまでは少しホラー仕立てのドラマになります。その中で伏線が盛り込まれていき、ミステリーは最後の10分というバランスです。全体的に、暗い雰囲気の中で、終始一貫、どんよりした田舎の古い館の生活で、見ていると結構気が滅入る雰囲気です。

途中は、なにが起こるかわからないというある程度の緊張感を保ちながら、騒霊(痕跡のみ)とか出てくるので、惹きつけるものはあったと思います。緩やかな雰囲気ですが、見ていて飽きることはなかったです。まさに、イギリスでしかできないような映画で、たまにはこういう映画もいいかなと思いました。

2019.12.31 HCMC自宅にてAmazon Primeよりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR