FC2ブログ

「わたしは、ダニエル・ブレイク」このリアルさは衝撃的です

ちょっと前に評判が良かった映画ですが、内容も知らずスルーしていました。そして、たまたまAmazonで見つけたので、確かけっこう評判の映画だったよなと思い、見始めたということです。カンヌではパルムドールを獲得。英国アカデミー賞では、作品賞ノミネートで、英国作品賞を受賞。そして、キネ旬1位も獲得。そのほか、世界の映画祭でたくさんの賞を受賞しました。2016年のイギリス映画(フランス・ベルギー合作)。ケン・ローチ監督の作品です。

あらすじ
大工のダニエル・ブレイク(デイヴ・ジョーンズ)は、心臓の病で医者から仕事を止められ、国からの手当を受けていましたが、継続審査で手当は中止とされてしまいました。ダニエルは抗議の電話をしても、職業安定所に行っても埒が明かず、ネットで申請をするよういわれます。頭を抱えるダニエルに言葉をかけてくれたのは、女性職員のアン(ケイト・ラッター)ですが、目の前で子連れの女性が職員と口論し始めました。なんでも遅刻してきたので手当を停止するということです。見かねたダニエルは激昂し、職員を非難すると、親子もダニエルも職安を追い出されてたのでした。

女性はケイティ(ヘイリー・スクワイアーズ)というシングルマザーで、やっとのことで見つけたアパートも古いもの。生活の見通しがたたないケイティの為に、ダニエルは大工の経験を活かし助けていきます。その傍らダニエルは手当中止に対する不服申し立てをなんとか完了。ケイティ親子に付き添ってフードバンクへと向かいました。やっとケイティたちの番が来ると、突然ケイティが手にした缶詰を貪り始めます。ずっと飲まず食わずで限界だったのです。ダニエルはケイティ親子を夕食に招き、ケイティを励まします。一方、行政システムは二人を徹底的に追い詰めていきます。不服申し立ても却下され、見せかけの職探しをさせられ、ダニエルはますますやる気を失います。

疲れ果てたダニエルは、生活費のために家財道具を売り払い、ケイティはついに万引きをしてしまいます。警備員はケイティの窮状を見て見逃し、彼女に娼館の仕事を斡旋しました。ケイティはどうしようもなくそこで働くことにしましたが、ダニエルはこれを察し、その娼館を訪れます。ショックを受けたケイティにダニエルは辞めるよう説得しますが、ケイティは悩んだ末の事、説得には応じません。職安に向かったダニエルは、持参したスプレーで職安の壁に落書きをし、行政システムを批判します。街の人々はダニエルに共感しますが、すぐに警察に連行されてしまいました。釈放されたダニエルはすべてに疲れ切り、引きこもるようになってしまいます。ある日、ケイティから支援が差し伸べられ、弁護士の協力を得て、あと少しというところまで来ましたが、ダニエルは突然の心臓発作に襲われ、発見された時には手遅れとなっていたのでした。ダニエルの葬式でケイティは、ダニエルの行政システムへの怒りを語り、そして「わたしは、ダニエル・ブレイク。一人の市民だ。それ以上でも以下でもない」というダニエルの言葉を読み上げるのでした。



わたしは、ダニエル・ブレイク

有名な映画を続けて見ていると、だんだん慣れっこになって、だんだん感受性が落ちてきているなと思っていたのですが、その中で、この映画を見てしっかり目を醒ましました。いろいろな映画で、貧しいということをどれだけ描けるかということが試されていますが、これは普通に驚きました。配給にケイティが子供を連れていって、思わず缶詰(これは、ミートソースだろうか?)を開けて貪ってしまい、みんなから介抱されるところは、かなりショッキングな映像です。コメディでなく、ガチですので。

全体がどんよりした感じに支配されている映像が、この映画の内容を際立たせています。また、ヘイリー・スクワイアーズはじめ、出演者の演技も、ごく自然で好感の持てるもの。カット割りも含めて、その演技の効果でドキュメンタリータッチになっており、これが現実だという主張が強く出ていると思いました。羽目を外すのは、壁に落書きする当たりくらいかな…。しかし、この逃げ場のないシステムは矛盾点も含んで、ちょっとやりすぎですね。

こういった問題に対して、何かできることは無いものかとも考えてみるのですが、個人ではできず、相手も色々で、なかなか難しい問題だと思います。ただ、小さな行動が大事かなというくらいです。ケン・ローチ監督、ほとんど見たことがありません。大昔に「ケス」を見たくらいでした。よく見る分野でもないもので。ヘイリー・スクワイアーズは良かったと思います。見るのは初めてですが、いろいろな役が出来そうで、これからブレイクするといいなと思いました。そして、この映画はカンヌのパルムドールでした。さすがです。

2019.12.30 HCMC自宅にて、Amazon Primeよりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR