FC2ブログ

「ショーシャンクの空に」 完成度の高い人気の名作を初鑑賞

ショーシャンクの空は、いろんなランキング上位に出てくる映画ですが、私は、この映画が公開された時代は、ちょうど映画をあまり見ていない頃にあたるので、全く印象がありませんでした。しかし、あまりに有名なので、意を決して見てみることにします。1994年のアメリカ映画で、フランク・ダラボン監督の作品です。この映画をみると、また有名作を見ていないという胸のつかえが一つおりるのです。

あらすじ
1947年、銀行の副頭取のアンディ(ティム・ロビンス)は、妻とその愛人を射殺した罪で終身刑となり、ショーシャンク刑務所で服役することになります。そこで、長年服役しているレッド(モーガン・フリーマン)は、刑務所で孤立しているアンディと交流を始め、アンディは趣味のため小さなロックハンマーを注文しました。また、アンディは受刑者のボグズ(マーク・ロルストン)一味にいつも性的行為を強要されでいましたが、アンディは刑務官のハドリー(クランシー・ブラウン)の遺産相続問題を助けたため、刑務官からも一目置かれるようになり、ボグズもハドリーに半殺しにされたため、誰もアンディを襲う者はいなくなりました。そして、アンディの元には、レッドに注文していたリタ・ヘイワースのポスターが届いているのでした。

アンディは図書係に配置換えとなり、老囚人ブルックス(ジェームズ・ホイットモア)の助手となります。しかし、その目的はノートン所長(ボブ・ガントン)や刑務官達の税務処理や資産運用をアンディに行わせるためでした。アンディは図書係としても精力的に活動し、図書館を充実させていきます。そして、ブルックスに仮釈放の許可が下りますが、彼は結局生活に馴染めず自殺してしまいます。ノートン所長は、囚人達の社会更生という名目で、労働力として野外作業に活用、そのピンハネや土建業者からの賄賂で蓄財していき、アンディは架空の人物の口座で、多額の不正蓄財を隠蔽していきます。その頃、新たに入所したトミー(ギル・ベローズ)に、アンディは読み書きから熱心に教育し、一方トミーは、アンディの過去を知るとその真犯人に心当たりがあることを話します。

アンディは所長に再審請求したいと頼みますが、不正蓄財を知っている彼を自由にさせる気はなく、所長とハドリーは、冤罪証明の鍵を握るトミーを理由を捏造して射殺。アンディは再び経理の仕事に戻りますが、ある嵐の翌日、アンディが房から消えてしまいました。アンディは約20年間、ロックハンマーで壁を掘り続け、ついに脱獄したのです。アンディは所長の不正蓄財をすべて引き出すと、告発状を新聞社へ送り、逃亡します。そして、告発状によってハドリーは逮捕、所長は自殺することになります。間もなくレッドは40年目にしてようやく仮釈放され、やはり、外の生活に順応できない中で、レッドはアンディの言葉を思い出し、アンディのいるメキシコに向かい、悠々自適の生活を送るアンディと再会、抱擁を交わすのでした。



ショーシャンクの空に

この映画は、いろいろなランキングの上位に出てくるので、伝説的なぐらいの名画と思っています。公開時はそれほど成功したということでもないようですが、時間がたって、年を経て、どんどん評価が上がっているようです。オスカーもフォレスト・ガンプが総なめの年でしたが、今ではこちらの方が人気ですね。IMDbのレーティングでは第1位になっています。ということで、今までさわりだけ見て、取っておいたので、じっくり通して見てみました。

印象は、すごく完成度の高い映画ということでした。前半は、理不尽な投獄と刑務所の中での人間関係や事件の描写で、いろいろなエピソードを積んでいき、トミーが現れてから一気に展開。それまでの行動が次々とフラッシュバックされ、解決されていくという形でした。キーは、ポスターと穴ですが、そこにこの話が、長大な時間の中で展開してきたことが解ります。それは、スタートから始まっていた、アンディの仕掛けなのでした。気が遠くなるようなお話です。

リタ、マリリン、ラクエルとポスターが三代続いていきますが、古い順にセックスシンボルのスターを並べたのだなと思いつつも、これは、映画の中では同時代なのですね。ギルダを見ているのも、同時代の人々ということになるので、ちょっと感慨深いです。オークの木の下の黒曜石というのも名場面ですが、やはりアンディの用意周到さがまた際立ちます。全体が緻密に構成された映画で、なるほどこれは名画の王道だと思った次第でした。

2019.12.27 HCMC自宅にてAmazon Primeよりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR