FC2ブログ

「ダークナイト」 スリリングなストーリーとジョーカー像

ダークナイトは、バットマンシリーズというだけでなく、全ての映画の中でもトップクラスの評価を持つ映画です。最近、ジョーカーが公開されて、今後の評価はどっちに…という所はありますが、ジョーカーを見るためにも見てみました。2008年の映画で、クリストファー・ノーラン監督の作品です。

あらすじ
強盗グループが銀行に押し入り、互いに裏切り殺し合いながら、最後に現れた一人が大金を奪って逃走。それはジョーカー(ヒース・レジャー)でした。ゴッサム・シティでは、バットマン(クリスティアン・ベール)や、市警のジム・ゴードン(ゲイリー・オールドマン)、新任検事ハービー・デント(アーロン・エッカート)たちが組織犯罪に立ち向かっていました。一方、マフィアたちは、マネーロンダリングを協議、ラウ社長は捜査が及ぶ前に金を別の場所に移すことを提案し、自分は中国に逃れようとします。そこへジョーカーが現れ、バットマンを殺すことが先決と提案。資金の半分を要求し、マフィアは提案を受け入れました。

バットマンが、ラウを香港から連れ戻すことにより、マフィアを大量に逮捕。ジョーカーはバットマンが正体を明かさなければ、市民を殺し続けると脅迫を始めます。バットマンことウェインはハービーをサポートすることに決め、ウェインの幼馴染のレイチェル(マギー・ギレンホール)はウェインとハービーの間で揺れていました。ジョーカーは市警本部長、裁判長、ハービーを殺害することを予告。本部長、裁判長を次々と殺害、ハービーはウェインによって難を逃れます。ジョーカーは、次に市長殺害を予告。身を呈して殺害を止めたゴードンは、命を落としました。

バットマンは真摯に悪と戦うハービーにを見て引退を決意。市民殺害をやめさせるためバットマンの正体を明かそうとしますが、ハービーが自分がバットマンと宣言してしまいます。ジョーカーはハービーを襲撃。そこでバットマンと激戦になり、バットマンが倒れたところで、ゴードンが現れ銃を突きつけました。ゴードンの死は偽装だったのです。ジョーカーは逮捕され、ゴードンは市警本部長へと昇進。しかし、今度はレイチェルとハービーが攫われ監禁されてしまいます。バットマンとゴードンは急行しますが、レイチェルは死亡、ハービーは顔の半分を損なう大怪我をし、その間にジョーカーは警察を爆発させ、逃亡してしまいました。

ハービーは顔の半分とレイチェルを失います。ジョーカーは病院を吹っ飛ばすと脅した上で爆破。ハービーは、自分たちを誘拐した警察に復讐を始めます。フェリー2隻で住民たちは脱出しようとしましたが、ぞれのフェリーには爆薬が積まれており、相手方の起爆装置をそれぞれに持たせ、どちらかを先に爆破させれば片方のフェリーは助けてやるとジョーカーは宣言します。バットマンはジョーカーの居場所を突き止め、乗り込みます。一方、ゴードンはトゥーフェイス(ハービー)に家族を人質にされておびき寄せられていました。バットマンとジョーカーは、フェリーの起爆装置を巡って死闘を展開。乗客が起爆装置を押さなかったため、フェリーは爆発せず、ジョーカーはバットマンに捕らえられます。ジョーカーはハービーを俺たちの悪党のレベルに落としてやったと高笑いするのでした。ゴードンは家族が拘束されている場所でトゥーフェイスに対峙。バットマンが現れ、トゥーフェイスを説得しますが聞き入れられず、バットマンに斃されました。

ゴッサムシティではハービーの死を惜しみ、バットマンは殺人の罪を背負うことになりました。ゴードンは「バットマンは街に必要な人だが、今は彼を追う。彼はヒーローではなく、我々を見守る暗黒の騎士(ダークナイト)だと子供に話し、バットマンはゴッサムシティを走り去るのでした。



ダークナイト

あらすじが長くなりました。ストーリーが詰まってますからね…。バットマンシリーズとしてだけでなく、すべての映画の中においても評価の高い作品。今年はジョーカーも公開され、ますますこの作品の注目度も上がってきているようです。バットマンシリーズは、ヒーローものの娯楽作品というイメージで何作も作られていますが、その中でも、ジャック・ニコルソンのジョーカーが、ひときわ異彩をを放って注目され、そしてそれを意識し、凌駕するように、このヒース・レジャーのジョーカーが作られました。ヒーローとして型がある程度決まっているバットマンに対し、性格描写にいろいろな解釈を与えられ、高度な演技の幅も要求され、かつそれ以上のインパクトを与えられるジョーカーがすっかり主役の座を奪ってしまった感があります。

この映画では、基本ヒーローものですので、善悪の対比が中心になりますが、単純ではなく、それに纏わるいろいろな考え方が加えられていました。悪があるから善がある。逆にバットマンがいる限り、その対極としてのジョーカーが存在するという考え方が色濃く出ていると思いました。また、光と闇の対比。表に出て絶対的な善を為す者と、陰に潜んで善を為す者。決定を能動的に行うか、確率に任せるか。二者択一の究極の選択。などなど、社会的な命題がいろいろと盛り込まれ、ストーリーに深みを増していると思います。かなり哲学的に寄っていて、ヒーローものにしては珍しく、人情的ではないのですね。

ストーリーの強さの中で、演技的なうまさがあまり目立たなかったのですが、印象に残ったのはやはり、ヒース・レジャーで、ジョーカーという強烈なキャラクターに負けないような凄い演技と思います。あとは、ゲイリー・オールドマンとマイケル・ケインは、普通の役ではありますが、しっかりとした演技でかなり印象に残りました。マギー・ギレンホールを最初は、キルスティン・ダンストだと思っていました…。えっ?似てない?(笑)。これで、ジョーカーを見る準備ができました。いつになるかはわかりませんが…。

2019.12.26 HCMC自宅にてAmazon Primeよりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR