FC2ブログ

「ファイト・クラブ」 現代の閉塞感を打ち破る狂気の世界

このところ、有名作品を続けて見ている訳なんですが、さすがに見る時に気合が入りますね。今回は「ファイト・クラブ」です。全く内容を知らないで突入です。1999年のデイヴィッド・フィンチャー監督の作品。オスカーには一部門だけノミネートがありました。

あらすじ
拘束され銃口を咥えさせられた「僕」(エドワード・ノートン)。突き付けるのは、タイラー・ダーデン(ブラッド・ピット)という男。こんな状況になったのも、マーラ・シンガー(ヘレナ・ボナム=カーター)という女性がその始まりです。
高層アパートの部屋を、高価な北欧家具で埋めているビジネスマンの「僕」は、不眠症という悩みがありました。薬を医師に要求すると、睾丸ガン患者の会でも覗いてみろと言われたため出席。会員の告白に心が揺さぶられ、患者と抱き合って泣き、その夜は久しぶりに眠ることができました。これに嵌ってしまい、あらゆる目的の自助グループに顔を出し、涙を流すのが日課になりましたが、ある日、やはりすべての会合に出ているマーラの存在に気づきます。これに動揺し不眠症が再発。マーラには、曜日を分けて顔を合わせないようにすることを約束させました。

出張の飛行機でタイラーと出会い、その日帰宅すると自宅が事故で爆発していたため、タイラーに連絡し家に泊めてもらうことになりました。そして、その条件は殴り合いをすること。血だらけになりながら、「僕」は生きている実感を噛み締めます。そして、同居しながら殴りあう日々を送るうちに、ギャラリーが増え、いつしか彼らも参加し、「ファイト・クラブ」が成立。メンバーを増やしていきました。そんな時、マーラから自殺を仄めかす電話があり、「僕」は無視しましたが、タイラーがマーラを助け、家に連れ帰ります。その日から二人は激しいセックスを繰り広げ始め、生活は益々常軌を逸したものとなり、会社勤めは身の入らないものになってしまいました。

メンバーはどんどん増え、タイラーは反社会的行為を、彼らに宿題として与え始めます。「僕」も課題に沿って上司に喧嘩をふっかけた挙句、金を巻き上げて退職しファイト・クラブの活動資金にしました。活動はますます過激になり、親衛隊のような集団が成立。メイヘム計画が開始されました。しかも計画の内容は極秘で、不穏な状況に不安が募る中でタイラーが姿を消してしまいます。タイラーの足跡を追うと、全米各地にファイト・クラブが成立しており、ある男の発言から、「タイラー」は「僕」の別の人格であることが判明。メイヘム計画を阻止しようとすると、タイラーが現れ、計画はやめさせないと告げます。爆破が予定されているビルに向かいますが、タイラーに拘束されてしまい、「僕」はタイラーを倒すために、自分に向かって銃の引き金を引き、タイラーが消えます。急所は外し立ち上がると、いくつもの巨大なビルが爆破され、次々と崩壊していくのでした。



ファイト・クラブ

スタートは、結構とっつきにくい映画でした。出だしは相当集中しました。全体的に、ミステリアスであるような、無いような。例えばがん患者の集まりに顔を出して、感動に与かるような話は初めて見る展開です。謎が多い訳ではありませんが、雰囲気が常軌を逸している感じです。フィンチャー監督の映画ですから、やはり異常心理的な題材を描くのはお手の物という感じでしょうか。殴り合いでカタルシスを得るのは確かに見ていて納得感があります。車のクラッシュのところは、そこはクローネンバーグを想起するのですが、あちらは性的快感です。

最終的に、テロが成立します。テロと言えば真っ先に911を思い出すのですが、製作年代から、この映画は911前なんですね。この時代では、オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件が1995年。カルト系の事件と言え、車を爆発させるということも同じですから、こういった形のテロが言わば当時の類型だったのでしょう。そして、主人公はこの大規模なテロをほぼ一人で作り上げたということになっています。しかも、二重人格者で表の顔はしがないサラリーマン。映画の中でも主人公側となるのは、こちらの方です。

この映画は、ブラッド・ピットが素晴らしく、大熱演と思うのですが、それ以上にエドワード・ノートンが凄いですね。とにかく、この2人の役を演じるのは相当難易度が高いと思いますし、それ以上の演技ができていると思いました。そこそこ深刻な映画ではあるのですが、会社の上司の前で自傷するエドワード・ノートンは、久しぶりに大爆笑しました。この部分はホント記憶に残ります。ただ眺めるしかない上司も、爆笑のポイントでした。この映画確かに面白いのですが、IMDbで10位に入る映画と言われると、現代とはそういうものかなぁ…。と思ってしまいます。確かにかつて流行ったタクシー・ドライバーなど、似た雰囲気を持ってはいましたが、今の時代にはこれが受けるのですね。そういう時代なのかなぁ…。

2019.12.24 HCMC自宅にてAmazon Primeよりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR