FC2ブログ

「インセプション」 心の深層まで作り込んだ夢の世界へ

IMDbチャートの上位作品を見ていこうと思い立ちました。少しでも最近の時流にキャッチアップしていこうという試みです。所謂、欧米の読者ランキングの様なものなので、比較的現在の流行が追えるのではと思いました。まずは、「インセプション」。2010年のクリストファー・ノーラン監督による作品です。

あらすじ
海岸に流れ着いたコブ(レオナルド・ディカプリオ)は浜辺で遊ぶ小さな子供を見つめていました。コブとサイト―(渡辺謙)は、大きな部屋で会談。コブはサイト―の頭の中のアイデアを盗もうとしますが、逃げられてしまいます。ここはサイトーの夢の中なのでした。コブは夢の中で彼を追いますが失敗。そこで、コブと仲間のアーサー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)は、サイトーからライバル企業の会長の息子にインセプション(無意識領域への植え付け)を依頼されます。限りなく難しい依頼に最初は断りますが、犯罪歴の為、当局から追われ、家へも帰れない状況に置かれているコブは、犯罪歴を消して子供の元へ帰れるようにできるというサイトーの提案を受け、承諾しました。

コブは、偽装師イームス(トム・ハーディ)、調合師ユスフ(ディリープ・ラオ)、設計士の女子学生アリアドネ(エレン・ペイジ)を仲間に加え、作戦にサイトーも参加することになりました。目的は、エネルギー市場を独占するライバル企業のトップが死の床にあり、跡継ぎの息子のロバート(キリアン・マーフィー)に父の帝国をつぶさせようというものです。そして、コブが家へ帰れない理由は、自殺した妻(マリオン・コティヤール)が「夫に殺されそうになっている」と言い残して死んだこと。妻はコブと共に夢の何層もの最下層で二人だけの愛の世界を構築していましたが、妻は現実と夢の区別がつかなくなり、現実に戻っているにかかわらず、死ねば現実に戻れると思い込み、自殺したのでした。

コブたちは、ロバートの夢の第3層まで行き、「父親とは違う、独自の道を進む」というインセプションを行うという計画をたて、ロバートを眠らせ夢の中へ入っていきます。ロバートの夢の中で、武装勢力の攻撃を受けますが、ロバートは記憶への侵入に対する防衛の訓練を受けていたようです。第1層では、この攻撃にてこずり、目覚めるための衝撃を得るために、車を川に落としその落下時間を利用して、さらに時間の流れの遅い第2層に入ることにします。第2層は、ホテルの一室、そして更に第3層の雪の要塞へ。ここで、インせプション成功の直前、ロバートの背後にコブの妻が現れ、銃撃してしまいます。作戦失敗と判断したコブは、帰還しようとしますが、アリアドネの提案で、さらに深層に向かいます。第4層はコブと妻モルが作り上げた世界。コブはずっと夢の中でモルと過ごしていました。コブはこれを断ち切る決心をし、この世界を崩壊させて、負傷して深層で彷徨うことになったサイトーを探します。第3層ではロバートは父に出会い、自分の道を進むよう言われます。サイト―も救出し、最後には全員現実世界で目を覚まし、生還を果たしました。そして、コブは家へ帰り、子供たちと再会するのでした。



インセプション

最初はなかなか取っつきにくくて、頭をフル回転して見る羽目になりました。何か、現実と夢が一緒になっていて、何が起こっているか解らない感じです。そうでした。クリストファー・ノーラン監督は、あの「メメント」を作っていたのですね。なかなか仕掛けに手が込んでいます。この物語は、夢の深層に入っていって、秘密を盗むだけではなく、今度は植え付けようとする物語。夢の世界は、第1層、第2層、第3層・・・・と、夢のまた夢の世界へ入っていきます。なかなか奥が?深いのでした。

夢といっても、全くの不条理なものではなく、かなり個人が意図して創造したような恣意的な雰囲気です。心の中や願望を投影しているという形でしょうか。かといって、恣意的な自分勝手な願望や妄想ではないというのが微妙なところ。そして、時間の経過の速度が各層毎に違うところが、大きなキーポイントになっていました。この設定が面白さを倍加させていると思います。そして長居してしまうと、夢と現実が解らなくなってしまうという悲劇が訪れるのでした。

一言でいえば構想の勝利だと思いました。古いハリウッド映画や、普通のドラマやコメディを見続けてていると、こういう映画は結構面食らってしまいます。果たして、ここまで凝らないといけないものかなと…。もっと単純で、それでも人間の喜怒哀楽を上手く表現できて、感動するのが映画では無かったかと…。この映画、あまりにも仕掛けが凄いので、人情などはその構想の中に埋もれてしまっている感じがします。逆に構想の中に組み込まれているということかもしれません。妻モル関連のエピソードは、そういう部分なのですが、やはり仕掛けに呑まれているように感じました。パズルとアクションを突き詰めて作りこむとこうなるという回答。すごく面白いけど、古い頭では、そこまで?という疑問がついて回るのも事実でした。まさにファンタジーの極北とも言える作品ではないかと思います。現代の人気作品ですが、ノーランにしろ、フィンチャーにしろ、捻りにひねったという感じの映画が今の時流なんですかね…。

2019.12.21 HCMC自宅にて、Amazon Primeよりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR