FC2ブログ

「シャイニング」 音も映像も美しい、トラウマホラー映画

公開時に見て、トラウマの一つになっているシャイニングですが、NHKで放映されたので録画して久しぶりに見てみました。やはり、映像や音楽の美しさというか、雄弁さを改めて感じ、改めて堪能した次第です。今見てみると、コンパクトにまとまったいい映画だなという印象も持ちました。1980年のスタンリー・キューブリック監督作品です。

あらすじ
ジャック(ジャック・ニコルソン)は、小説を書きながら職を探していると、山上のホテルの冬季管理人の仕事に出会い化した。誰にも邪魔されず小説の執筆に取り組めるという一石二鳥で仕事で、妻のウェンディ(シェリー・デュヴァル)と息子のダニー(ダニー・ロイド)と共に冬季営業休止直前のホテルに向かいます。そして従業員たちが山から下りる最終日、ダニーはコックのハロラン(スキャットマン・クローザース)から、彼には「シャイニング」という不思議な力があることと告げられ、このホテルの過去の忌まわしい事件により、不思議なことが起こるかもしれないこと、また237号室には近づいてはいけない事など告げられました。

やがて山は雪に埋もれ、家族三人は山奥のホテルに孤立状態になります。ダニーはホテルの廊下を三輪車で走り回って遊んでいると、そこに双子の女の子が突然現れたりします。そして警告にもかかわらず、237号室に立ち寄ります。一方ジャックは、ウェンディとダニーを殺してしまう悪夢に見舞われ、それをウェンディに話していると、そこに現れたダニーの首にアザがあったことから、ウェンディはジャックの仕業だと責めてしまいます。その頃、シャイニングにより危険を察知したハロランがホテルに向けて出発していました。家族の溝は徐々に広がっていきます。誰もいない広いロビーでタイプライターを打つジャックの作品を、ウェンディがのぞき込むと、同じ言葉が繰り返されている大量の用紙がありました。ジャックはウェンディを襲いますが、ウェンディはバットで殴って気絶させ、食料倉庫に閉じ込めてしまいます。

ジャックは霊の力を借りて、食料倉庫から脱出しました。そして、幽霊の集うパーティーで悪霊たちと会話の後、斧を持ってウェンディとダニーに襲いかかります。狂気に満ちたジャックの顔で襲ってくるジャックに、ウェンディの悲鳴をあげ、やっと到着したハロランも、ジャックに斧で一撃に殺されてしまいます。ダニーはホテルの庭の巨大迷路に逃げ込み、ジャックが追いかけます。ダニーは機転を利かせて迷路を脱出し、ホテルから出てきたウェンディとともにハロランが乗ってきた雪上車でホテルから逃げだします。ジャックは結局迷路から出られず、凍死してしまいました。そして、ホテルに飾ってある過去の写真の中に、何十年も昔に撮られたパーティーの写真の中にはジャックの姿が映っているのでした。



シャイニング 2019視聴

公開当時劇場で見て、その後も時々ビデオなどで見た記憶がありますが、しばらくご無沙汰していました。NHKで放映されていたので、録画しての久しぶりの鑑賞です。何となくゆったりと進行していくホラーのイメージがあったのですが、見てみると開始早々から掴みかかってくるホラーだったのですね。久しぶりに見て印象が変わりました。印象に残る場面が連続していくので、それらがいちいち過去の記憶に刷り込まれていて、一つ一つ思い出していきます。

エレベーターホールに、赤い液体が噴出してくる場面。この赤い色の洪水は、サスペリアのイメージを彷彿させます。かなり前半から、この場面は出てきます。後半に入ると、むしろアクション的動きと、懐古的感興が中心になり、ホラーの部分は前半に効果的に集中していると思いました。冬のホテルに魅入られた人々。ホテルはいろいろな演出を見せてジャックを取り込んでいきます。その中では、フィリップ・ストーンがやはり強烈でした。

この映画の印象的な場面は、一度見ると忘れられないようなインパクトがあります。視覚的にもかなり効果的だと思います。そして、その映像につけられた音楽が素晴らしいのです。バルトークの弦チェレはもともと好きでしたが、この映画を見てから座右の曲になってしまいました。非常に効果的に使われています。ペンデレツキも、この映画を見てから、当時はあまり販売されていなかったレコードを輸入盤であちこち探し回った記憶があります。いろんなところが良く練られた素晴らしい作品だと思います。

2019.12.15 自宅にてNHKBS Premiunよりの録画鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR