FC2ブログ

「ショウ・ボート(1951)」 3度目の映画化の名ミュージカル

ショウ・ボートは1927年に初演された、ブロードウェイ・ミュージカルのタイトル。映画化も3回されています。これは、1951年の作品で、ジョージ・シドニー監督によるもの。オスカーもカラー作品部門含め、2つノミネートされました。有名なミュージカルは楽しいので、楽しみに見ました。

あらすじ
ミシシッピーを行くショウボートの物語。アンディ船長(ジョー・E・ブラウン)と母パーシィ(アグネス・ムーアヘッド)の率いるショーボートの中で育てられたマグノリア(キャスリン・グレイソン)は、年頃の美しい娘になっていました。仲がいいジュリー(エヴァ・ガードナー)は、ショウボートの主演女優ですが、黒人との混血の身で、白人俳優スティーブ(ロバート・スターリング)と結婚していることが法に触れて、ボートを去って行かねばなりませんでした。入れ替わりに、博打打ちのゲイロード(ハワード・キール)が、スティーブの後釜として乗り込んで来ましたが、マグノリアはすぐに彼と恋に落ちてしまいます。

二人は親の反対を押し切って結婚し、シカゴで愛の生活を始めましたが、ゲイロードの博打は最初こそ調子が良かったものの、徐々に落ち込みはじめ、幸福は続かずゲイロードは全財産を失い、マグノリアが妊娠していることも知らずに姿を消してしまいます。残されたマグノリアは生活に困ってしまい、ナイト・クラブに歌手として職を求めると、偶然そこにスティーブに捨てられ酒浸りになっているジュリーがスターとして在籍し、ジュリーはマグノリアの姿を見て、彼女に職を与えようと、ひっそりと立ち去りました。

代役としてマグノリアは歌手となり、やがて訪ねて来た父とも再会。父の前でも大成功を収めると、ショウボートに戻って子供を出産し、キムと名付けました。そして月日が流れ、ゲイロードはとある船の中でジュリーと再会し、マグノリアとキムのことを知らされます。ゲイロードはいてもたってもいられずショウボートに駆け付け、今はすっかり博打から足を洗ったゲイロードを、マグノリアも家族も心から和解し、歓迎したのでした。



ショウ・ボート(1951)

前半は、少しづつ話が進む感じで、じっくりと見ていましたが、ゲイロードが消えてしまい、マグノリアが一人になっていくあたりから話が展開し、父と再会してステージをこなすあたりはなかなか感動的でした。ジュリーも戻ればいいのにと思ったのですが、それはできなかったのですね。エヴァ・ガードナーは比較的後期の映画しか見たことなかったのですが、この映画を見て迫力を感じました。バンド・ワゴンで一瞬見たかな…。

ラストもなかなか感動的です。そして楽曲では、ウィリアム・ウォーフィールド(ジョー)の歌う、Ol' Man Riverは最高です。雰囲気が凄くいいと思いました。あとは、シュルツ&シュルツのダンスは楽しいのと、ジョー・E・ブラウンがなかなか味があって楽しいパフォーマンスでした。ハッピーのピを強調するところとか、日本の漫才みたいな芸でもありました。。ハワード・キールは最初から胡散臭い感じです。最後には普通の人になったみたいですが…。前半はゆっくりと話が進みましたが、途中から目が離せなくなりました。

ショウ・ボートといえば、舞台の初演メンバーであるヘレン・モーガンの出演する映画があるようです。ヘレン・モーガンの「喝采」は凄く良かったので、彼女の哀愁溢れる歌声を、この物語のジェリーの役で是非聞いて見たいと思います。それは、1936年版の作品で、微妙にストーリーの枝葉も違うようなので…。

2019.12.10 HCMC自宅にてAmazon Primeよりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR