FC2ブログ

「ケレル」 ファスビンダーの最後の作品は舞台作品のよう

ニュー・ジャーマン・シネマの旗手の一人、ファスビンダー監督の映画を見るのは、実はこれが初めてです。そもそもこの時代のドイツの映画と言うものを、それほど見たことが無いと思います。何事も経験という事で、Amazonにあった映画を見てみました。1982年の西ドイツ・フランス合作作品となります。実は音楽関係がラジー賞にいろいろとノミネートされています。ふむ…。

あらすじ
軍艦がブレスト港に入港した時、波止場の城壁の上にある売春宿の女主人リジアヌ(ジャンヌ・モロー)は、情夫ロベール(ハンノ・ペッシュル)に、そっくりの弟が来ると予言しました。一方、水夫達の上官セブロン(フランコ・ネロ)は、特に美しい肉体を持つケレル(ブラッド・デイヴィス)への思いをカセットに録音していました。上陸したケレルはロベールに会うと、町の警官マリオ(ブルクハルト・ドリースト)と組み、リジアヌの夫で宿の主人のノノ(ギュンター・カウフマン)の協力で、仲間の水夫ヴィック(ディーター・シドール)と共に、麻薬の密輸を成功させますが、ケレルは口封じでヴィックを殺してしまいます。

宿の常連で労働者のジル(ハンノ・ペッシュル(二役))は、ポーレットと彼女の弟ローガー(ローラン・マレ)との愛の間を行き来していましたが、仲間から侮辱され相手を殺してしまいました。ケレルは勝負にわざと負け、ノノやマリオに犯されることを選び、次第に悦楽と暴力に目覚めていきます。そして彼は、ジルの逃亡を助けるふりをして、警察に密告。セブロンは全ての根源がケレルにあると知りつつ、ケレルが逮捕されるのを防いでいました。ケレルは、ジルにつけひげをさせ、ヴィック殺しの犯人に仕立てあげようとするのでした。こうして黄色い夕陽の元で、ケレルとセブロンを乗せた艦は出港するのでした。



Querelle

ファスビンダー監督の映画を見るのも初めてであり、この時期のドイツの映画もほとんど見ていないので、ニュー・ジャーマン・シネマが何であったのか語るすべもないのですが、この映画を見る限り芸術嗜好でその少し前のヌーベルバーグからの流れにあるということは想像できました。そもそもかなり難解なのは、原作の難解さに加え、演出自体がアート志向ということで二重に見る者に考えさせるようになっているからでしょう。ただし出演している俳優陣は大物が多く、決して小規模なアート映画でないことは解ります。

この映画の特徴と思えるのは、まずは大胆にタブーに挑戦しているということで、男色の表現が執拗に出現します。自らの罪滅ぼしに落ちていった男という解釈でもいいのでしょうか。それを表現するのに水兵の世界を使っていると思います。そして演技がすべて港町の、見てそれとわかるようなセットで演じられていること。映画的な映像の演劇というスタイルだと思います。そこには独特の表現があり、普段見る映画とはより異質のものに思えました。

ファスビンダー監督は短い生涯を駆け抜けた多作の監督で、天才肌というタイプなのでしょうか。かつでのドイツの大音楽家たちうのような生涯であり生きざまであったのではないかと思いました。この映画は彼の最後の作品であり、それまでのいろいろな経歴が集積されているとも思いますので、初期の作品から順を追ってみていくと、理解が深まると思いますし、またじっくり見ていくに足る作品を多数残しているのではないかと思いました。いろいろ課題はつきませんが、いずれ取り組んでみたいと思います。

2019.11.30 HCMC自宅にてAmazon Primeよりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR