FC2ブログ

「ピカソ・天才の秘密」 ピカソの創作の様子を映像化する

アンリ・ジョルジュ・クルーゾー監督によるドキュメンタリー映画で、カンヌ映画祭で現在のグランプリに相当する、審査員特別賞を受賞しています。クルーゾー監督のドキュメンタリーということで興味を持って見てみました。もちろん、ピカソの絵という所にも興味を惹かれます。1956年のフランスの作品です。
原題:Le mystère Picasso

あらすじ
映画は次のようなナレーションから始まります。「詩や音楽の創作過程で、詩人や作曲家の頭の中にどのような考えが、刻一刻浮かんでいたか、それを知ることは殆んど不可能です。しかし、絵画の場合にはその秘密をのぞき見ることができます。画家の頭の中に起ることは、描いている画家の筆を追って行けばわかります。」

そして、スペインの天才画家ピカソの頭の中のメカニズムの秘密が、その創作過程を通じて表わされていきます。キャンパスを投影し、逆側から映すことによって、作品が完成する過程が、次々と映されていきました。最初は、マジック・インキで描かれた絵を通して、その過程が解明されていき、その過程で、ピカソと談笑するクルーゾー。そして、興に乗ったピカソは同じ方式で油彩にも挑戦。その撮影過程も含め克明に記録したドキュメンタリーです。



ピカソ・天才の秘密

恐怖の報酬のアンリ・ジョルジュ・クルーゾー監督によるドキュメンタリー映画。冒頭及び、途中に少しピカソの実像がでてきます。それ以外は、すべてキャンパスに書上げられる絵を投影してフィルムに映した形でした。そういう意味では、このスタジオ一室で完結しています。という訳で絵が出来上がっている状況をアニメで見ているような感じでした。絵を描いているところ以外のナレーションと撮影現場で交わされる言葉も、ピカソの天才の秘密の理解のヒントでしょう。

ピカソにとっても今回書いた沢山の絵がすべて満足のいくものとか、そういったものではないと思います。というか、真剣に打ち込んで描いたというものでもないのかもしれません。ピカソの絵ができるまでの過程を観察しましょうという趣向でした。

絵のことはあまり解らず、油彩もやったことはありませんが、油彩って何度も上書きできるものなのですね。絵は作品として出てきているものですが、映画の迫力としては、数少ないピカソ出演の部分が勝っていて、逆に一番絵になっているような気がしました。特に、中間で差しはさまれるシーンが良かったです。見ていると、何を書いているか全くわからない状態から、だんだん絵になっていくことがあり、面白く感じました。今回の絵の中では、油彩の最初に書いた、牛の頭の絵がカッコ良かったです。さすが、スペイン人だけあって、闘牛関係が多いような気がしました。

ドキュメンタリー映画という形での、このような趣向はなかなか面白いと思いました。もっとも、ドキュメンタリー映画自体をほとんど見ていないので、その神髄はよく解らないのですが…。

2019.11.15 HCMC自宅にて Amazon Prime よりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR