FC2ブログ

「真夜中の処刑ゲーム」 楽しめるB級籠城アクション映画

Amazon Prime に古めのB級アクション映画がいくつかあった中の一つ。劇場未公開で、テレビ公開という形だったのでしょうか。IMDBには、日本はVideo Premiereとあります。1983年のカナダの映画。監督は、ポール・ドノヴァンと、マウラ・オコンネルの二人がクレジットされています。

あらすじ
警察のストライキで無法地帯となったカナダの街。グースと陶芸家の妻は、グース(ジェフ・パスティル)の外出の事で喧嘩になり、グースは妻の作品を壊して、迎えに来た男とともに家を出ました。その夜グースたちは自警団と称してゲイバーに侵入。嫌がらせをしながら、バーテンの男に暴行を加えていた時、誤って死なせてしまいます。処置に困ってボスのケイブ(ダグ・レノックス)を呼ぶと、彼は無言でサイレンサー付きの銃で店にいた目撃者全員をの頭を撃ちぬいていきました。そして、一人の青年がなんとか逃亡します。

青年はアパートの一室に逃げ込みました。そこにはホレイショ(トム・ナディーニ)とバーバラ(ブレンダ・バジネット)、2人の盲目の少年、そして隣家の青年チェスター(ダリル・ハネイ)がいました。ホレイショは青年をかくまい、グースたちを追い返します。グースたちは、一旦引き上げると、ケイブと共にアパートのメンバーを始末するために戻ってきました。暗視カメラで監視しながら包囲し、一人の盲目の少年が外に出たところで撃ち殺されます。ホレイショたちは徹底抗戦を準備、武器を自作し、まずは屋上から部屋を狙っている男を倒しますが、殺すまでは至りませんでした。他の自警団のメンバーたちは再びアパートへの侵入を試み、あの手この手で防戦するホレイショたちがすべて倒していきます。そして、最後に残ったケイブがアパートに侵入し、ホレイショたちは協力して応戦。チェスターが殺されますが、匿っていた男も初めて活躍し、なんとかケイブを倒しました。

ストライキも終わり、公園で一人の警官が見回りをしていました。そして、その警官の顔は、屋根の上で狙っていて倒された自警団のメンバーのものだったのでした…。



真夜中の処刑ゲーム

序盤でいきなり、無慈悲な処刑シーンが登場し、あとは、逃げ込んだ家の住人を巻き込んでの、籠城映画。双方犠牲を出しながら、近代兵器に対し、ゲリラ戦的な知恵で対抗するというアクション映画でした。冒頭の人物背景の描写で、少なくともリーダー格のやつは、とんでもないDV男ということが描かれ、視聴者の敵になります。そして、あとは事件の発端となったゲイバーと、男が逃げ込んだ建物の住人宅が舞台。隣の家の住人との、普段からの交流方法がポイントでした。

女性一人で目立っているバーバラが、出ていこうとしたり、わめいたりと、いろいろとハラハラさせてくれる役です。そして、ボスキャラのゲイブは、戦闘員が全滅した後、やおら単独で殲滅行動を開始します。チェスターがいろいろと知恵をひねって考え出す、対抗方法の仕掛けと、いろいろと怖がって戦えそうもないキャラクターが、いざとなると活躍するのがミソで、最後は近代兵器に対して、接近戦のナイフで対抗しました。

ということで、なかなか緊張したサスペンスを楽しめたのですが、2つほど疑問が。このゲイバーに押し掛けたグループは、全員スト中の警官だったのでしょうか?全員そうだったとすれば、ひどいもんですが、武器の所持や扱いから、本当にそうかも…。あと、最初にクレーンで釣り上げたバイクはどうなった?どこかでこのフラグは回収されるかと、気になってしかたがありませんでした。ともあれ、ほとんど暗い画像の、なかなか緊張した映画で、当時のB級アクションの雰囲気も思い出しながら楽しみました。

2019.11.3 HCMC自宅にて Amazon Prime よりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR