FC2ブログ

「ゆれる人魚」 至宝のファンタスティック・ミュージカル

この映画の予告編を見て、長らく見たい見たいと思っていました。そもそもファンタジックで、エロスもあり、グロくもあり、コメディでもあり、何か自分が見たくなる要素がすべて詰まっているような気がしたのです。という訳で、Amazon Primeの会員特典にあったので、見てみることに。2015年のアグニェシュカ・スモチンスカ監督によるポーランドの映画。ポルト映画祭の作品賞ほか、各地のファンタスティック映画祭を中心に、22受賞、18ノミネートという成績を収めました。有名どころでは、サンダンスとかも混じってますね。

あらすじ
美しい姉妹の人魚がいました。浜辺で歌う人間を見た彼女たちは、自分たちの歌で彼らを引き付け、食べてしまいます。

80年代のワルシャワのストリップ・クラブ。支配人(ズグムント・マラノウィクズ)は店内の見回り中に、かくまわれていた姉妹の人魚を見つけます。驚いた支配人は、これは受けると考え、早速彼女たちをステージに上げることに。姉妹の名は、姉が金髪のシルバー(マルタ・マズレク)、妹が黒髪のゴールデン(ミハリーナ・オルシャンスカ)でした。ステージ衣装をつけて、バックコーラスを担当しながら、姉妹が曲の合間で、大きなボウルの容器に入ると、たちまち人魚に変身し、観客は大喝采。たちまち、姉妹は人気者になりました。

メインボーカルの女性・クリシャ(キンガ・プレイス)と、ドラムの男は関係があり、加えてベースの青年・ミェテク(ヤーコブ・ジェルシャル)は三人で同居していました。姉妹はこの家に一緒に住み始めます。シルバーはすぐにみなと打ち解けますが、ゴールデンは人見知りが激しいようでした。ゴールデンは孤独を感じ、町に出て男を虜にし。次々と食べてしまいます。一方、シルバーは、ミェテクに恋をしてしまいました。しかし、人魚は恋をした相手が結婚してしまうと、夜が明けるまでに食べなければ自分は海の泡となって消えてしまうのです。

シルバーはミェテクに告白しますが、魚とはできないと断ります。シルバーは、ミェテクに自分のうろこを渡し、これでベースを弾いてと言って、キスを交わしました。ところが、ゴールデンが人間を食べたことが発覚し、刑事がやって来るようになると、ゴールデンとシルバーを海に捨ててしまいますが、すでに姉妹の虜になっていた三人は放心状態で活動できなくなり、姉妹も何事も無かったようにクラブに戻ってきてしまいました。

ミェテクに恋をしたシルバーは、人間になる手術を受けますが、尻尾がなくなると声も失ってしまいます。そして、再びミェテクと愛をかわしますが、ミェテクはシルバーの思いを受けず、人間の女性と恋に落ち、シルバーのうろこもあっさり捨てられてしまいました。そして、ミェテクの結婚式の時、シルバーは、「朝までにミェテクを食えば、海の泡にならずにすむ」と言われ、夜明け前まで行動に移せないシルバーは、夜が明ける直前に、ゴールデンが見守る中でミェテクとダンスを踊ります。シルバーは一度は牙をむいてミェテクの首を噛もうとしますが、どうしてもミェテクを食べられず、恋人の肩に頬を寄せたシルバーに朝日が差し込み、そのまま泡となってしまいました。

その瞬間、見ていたゴールデンは、駆け寄ってミェテクに飛びつき、喉笛を噛み切ると、クリシャや支配人が見ている前で海へと飛び込み、海の底深くゴールデンは去っていったのでした。



ゆれる人魚

三大ファンタスティック映画祭である、ポルト映画祭のグランプリ作品ということで、心してみました。ファンタスティック映画祭の受賞作品は、個性豊かで大好きです。この映画も、いろんな仕掛けがあって大変面白かったと思いました。人魚の二人はセミヌードなんですが、それでいて全く自然なところがまず気に入りました。そして、あの長い尻尾の造形は、意表を突くもので素晴らしいと思います。魚臭いそうです。いかにもそんな感じ…。上半身とのアンバランス感がなんとも面白いところでした。

それだけでも、すでに楽しいのですが、幻想的な物語のはずなのに、なんとも安っぽいシチュエーション。ストリップクラブのベーシストと、あまりにも一途な人魚との組み合わせ。移植手術は、そんなんでいいのか?と突っ込みなるようなやり方。普段と人間を食べる時との顔つきの落差。最後にベーシストにとびかかるゴールデンの姿、などなど見どころを上げると枚挙に暇がないという感じでした。シルバーが泡と消える幻想シーンで盛り上げたあとで、一気にこわしに行くゴールデンという組み合わせも、いろいろバランスを取っていて見事だと思いました。

ミュージカル仕立てですが、最初の方の曲は演歌まで思わせるような、レトロな曲から、入れ代わり立ち代わりで、現代風のディスコっぽい曲まで、そして、時々流れるバラード調の曲はなかなか良かったです。最後まで、規定観念を覆していくような感じで、かつポップな感じでノリが良くて、しかもレトロな雰囲気まで織り込んでの楽しい映画でした。やはり、ファンタスティック映画祭ものは目が離せません。というか、全部見てみたい!!!

2019.11.3 Chau Duc への旅行の帰りに、スマホ・Ipadなどいろいろ鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR