FC2ブログ

「バンド・ワゴン」 美しいダンスと楽しいナンバーの数々

歌と踊りの、ハリウッドミュージカルを見たくなったので、Amazon Primeの中にあった「バンド・ワゴン」を見てみました。オスカーでは三部門のノミネートとなっています。1953年の映画で、監督はヴィンセント・ミネリフレッド・アステアと、シド・チャリシーの競演です。

あらすじ
落ち目のミュージカル・コメディ映画の名優トニー・ハンター(フレッド・アステア)は、二ューヨークで旧友レスター(オスカー・レヴァント)とリリー(ナネット・ファブレイ)のマートン夫妻の出迎えを受けました。彼らは、トニーのためにミュージカル・コメディを書きあげ、しきりに誘いをかけますが、トニーは今や舞台に自信がもてませんでした。マートン夫妻の売り込みに乗ったのは、芸術的な作品を目指すジェフリー・コルドバ(ジャック・ブキャナン)という監督で、彼はこの脚本を「ファウスト」の現代化劇に仕立て、トニーの相手役にクラシック・バレエの新星ギャビー・ジェラルド(シド・チャリシー)を選びます。トニーとギャビーは慣れない芸術劇ということもあって、不安の中で互いにいがみ合い、結局初日の前日までごたごたが続き、興行は惨々な失敗に終ってしまいました。

しかし、トニーたちは自分たちの舞台をあきらめず、失敗はジェフリーの演出に楽しさが足りなかったと考え、踊りや歌の明るく楽しいショウに作りなおし、再度の公演の為にトニーは自分の私財を投げうちます。ジェフリーもスタッフとしてこのショウに参加し、まず地方都市を巡業して成功を収めていきます。この巡業中に、トニーにギャビーへの愛が芽生えましたが、トニーは自らあきらめていました。そして、戻ったブロードウェイの公演で大成功。トニーは、スタッフたちのサプライズのお祝いのパーティに参加し、ギャビーはトニーに愛を打ち明けるのでした。



バンド・ワゴン

フレッド・アステアと、シド・チャリシーによる舞台裏ミュージカル。落ち目のアステアが新進のバレエダンサーと共演にこぎつけるも大コケ。その後、参加した団員が団結して巡業し、再びブロードウェイに戻って大成功。2人は結ばれるというストーリー。舞台裏作品なので、踊りと歌が満載です。多種多様なナンバーが詰め込まれていて次々と現れ、大変楽しく見ることができました。

バレエダンサー出身のシド・チャリシーの魅力がストレートに出ている、中盤の夜の公園の場面、「ダンシング・イン・ザ・ダーク」が優雅で見どころと思いました。そして、楽しい場面としては、アステア、ブキャナン、レヴァント、ファブレーの四人による「ザッツ・エンタテインメント」と、靴磨きダンスが楽しい「シャイン・オン・ユア・シューズ」。2つとも楽しさに目を奪われるようなダンスでした。靴磨きを演じたレロイ・ダニエルズは、踊りながら靴を磨くのを売り物にしていた、実際の靴磨きであったとの事です。これらは前半から中盤に集中しています。

ラストに向けては、巡業のオムニバス形式の小品が連続しますが、最後の「ガールハント」の場面が、サスペンス調の演出で、普通の歌と踊りのイメージとは異なった雰囲気で、興味深いと思います。ラストは、じっくりと前振りで溜めての大団円ですが、愛の告白の言葉が、あまりにも詩的で立派なので、実際こんな告白をすると、言う方もそれを理解する方も、スムーズにいかないよね、という感想です。MGM絶頂期の名場面の沢山の楽しいミュージカル映画でした。

2019.10.25 HCMC自宅にて Amazon Prime よりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR