FC2ブログ

「誘惑 (1948)」 原節子と杉村春子、濃厚な不倫メロドラマ

新藤兼人の脚本、吉村公三郎監督による、1948年の映画です。見てみるまでは知りませんでしたが、かなり濃厚なテイストの不倫劇。それも、女優二人の演技と撮影技法がかなりの見ものでした。松竹大船による製作になります。

あらすじ
代議士である矢島隆吉(佐分利信)は、恩師の墓を訪れた時、師の娘の孝子(原節子)に出会い、彼女の学業と生活の援助を申し出ました。家庭教師の名目で隆吉の家に住み、孝子は子供たちにも慕われるようになっていきます。隆吉は、孝子の友人で医大生の武田(山内明)が学資の為のヤミ行為で逮捕されると、気持ちよく罰金も援助しました。その頃、隆吉の妻時枝(杉村春子)は、胸の病いのため療養所に入っており、月一度家族全員で訪ねているのでした。

ある日孝子も一緒に療養所を訪ねた時、時枝は孝子の健康と美貌にたまらない羨望と嫉妬の念を覚えます。一方、隆吉は過労が重なって出先で倒れ、孝子は電報を手にかけつけますが、意外にも隆吉は既に回復していました。その夜同宿することとなった二人は、酒を飲み、ダンスに興じ、意気投合しますが、孝子は一線を踏み越える前にと、振り切って東京に帰ることにし、隆吉もその後を追います。東京の自宅に着いた二人は、やはり欲望を抑えきれずしっかりと抱擁を交わしたその時、突然時枝が帰ってきて、嫉妬に狂い孝子を罵倒しました。

孝子は家を出て元の寮に戻ると、罪は晴れたが田舎に帰ることにした武田が、荷物をまとめているところでした。そして、孝子は武田のプロポーズを受け、孝子は武田とともに翌朝の汽車で一緒に彼の田舎に行く約束をします。しかしその時、時枝の病状悪化の知らせを受けた孝子は病床に駆け付け、時枝がその末期に「隆吉と子供を幸福にして下さい」と頼む言葉を受け、武田と行動を共にすることをやめ、隆吉の家の人となったのでした。



誘惑

内容は知らず見始めたのですが、なかなか際どい表現と演出の多い映画でした。いきなり同じ布団に寝るというシチュエーションが作られ、あとは徐々に不倫劇へと発展していきます。佐分利信の家に住み込むようなってからは、すぐに二人の関係は気持ちの中で進展していったようです。佐分利信も、次々といろんな便宜を与えていくので、出会った時からすでに下心見え見えですね。世間体を取り繕ってはいますが、正義感が売りの議員さんが、女子大生を妻が不在の自宅に住まわせ、援助をしているという形になります。

この映画は、これでもかというような表現の濃さが徹底しています。縄跳びの足、ダンスの足など執拗に映しながら、そこに気持ちを込めていく。溌溂とした感じ、元気いっぱいな感じ、いかにも愛情が深くなっていく感じなどなど。原節子は、部屋で二人でビールを飲みながら、執拗な媚びた表情を見せつけます。これはちょっとしつこいくらいです。ともかくこの映画は、原節子佐分利信の旅館に行ってからは、むずむずするくらいの濃厚な不倫劇が始まり、「だめですよ~」とか思いながらも、揺れながら進行していきました。 冬ソナを見ているような感じとでも言いましょうか…。

そして、杉村春子の恐怖がやってきます。ドアを開けた二人の驚きの表情から、まずそれと知らしめ、その後、杉村春子の後ろ姿を映し、今か今かと待ち構えるところへ、口元を覆った杉村春子の顔が暗闇に浮かび上がり、口元をあらわにしていく…。これはホラー以外の何物でも無いですね。末後の杉村春子も、二人が愛し合っているのを知っているとはいえ、自分の子供を押し付けて原節子の将来を決めつけてしまう、というのもどうかと思います。ストーリー的には、中流の中年男のいやらしさが透けて見えるようなお話で、この人たちは皆どうかしているのではないか?と思うほどの登場人物ばかりなので、あまりストーリーに関心も共感もしませんが、ともかく不倫劇、いや映画のしつこいばかりの表現には脱帽の一本でした。

2019.10.15 HCMC自宅にてパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR