FC2ブログ

「獣の宿」 黒澤明脚色による湖畔の宿の小さなサスペンス

黒澤明の脚色による映画ということで、期待して見てみました。原作は藤原審爾の「湖上の薔薇」(1950)で、秋津温泉を始め、数多くの映画化作品がある昭和の小説家です。1951年の映画で、大曾根辰夫監督による作品。松竹京都の製作になります。

あらすじ
湖畔のホテルに、町で人を殺し、途中で老婆を撥ねてしまった健(鶴田浩二)が逃げ込んで来ました。ホテルの支配人弥造(志村喬)は、もともとはヤクザ者で、今は完全に足を洗っていましたが、以前を知る健を追い出すことが出来ず匿ってしまいます。そして健が轢き逃げした老婆のことで小谷巡査(藤原釜足)がたずねて来ても、健のことを告げることが出来ませんでした。

弥造の孫娘の由紀(岸惠子)は、弥造と二人でホテルを切り盛りしていました。由紀は弥造がいつまでも健を匿っていることを不審に思い真相を知ろうとします。一方健は美しい彼女を見て、欲情を果たしたいと襲いますが、果たせません。そこに、健の身代わりになった弟分次郎の情婦ユリ(小林トシ子)が、次郎を救って貰おうと健を訪ねて来ますが、却って健に犯されてしまい、ユリは湖に身を投じて死んでしまいます。

その事件から警察が動き出し、ユリの関係者や本庁の刑事も現れ、健の身辺が危なくなると、宿は騒然としてきます。弥造は、由紀を案内に立て、健を死んだ老婆の家に隠しますが、それを機会にまた健は由紀を襲おうとします。由紀は健を拒みますが、そこに弥造が現れ、由紀の様子を見て純潔がけがされたと思い、健を猟銃で撃ち殺しました。翌日弥造は、湖畔に小谷巡査を訪ね、由紀のことをくれぐれもと頼むのでした。



獣の宿


黒澤明脚本による、ちょっとしたサスペンス。もとヤクザの志村喬が、過去の関係を断ち切れずヤクザの支援をしたために、孫娘が巻き込まれてしまい…。という物語で、そういった過去の稼業を孫娘にいままで隠していた志村喬の葛藤が描かれています。ヤクザを演じるのは若き鶴田浩二。ヒロインは岸恵子という豪華な顔ぶれでした。

鶴田浩二の悪人ぶりが目立ちます。そして、過去のしがらみから鶴田浩二をかくまわざるを得ない志村喬がいつも通りの名演です。岸恵子の由紀は、ちょっとデキ過ぎかな?ほんとにそんな子はいるの?と思ってしまいました。志村喬の葛藤がメインテーマと思われる湖畔の宿での短期間の出来事を描いた作品ですが、あまり強い主張も感じられない表現で、かと言ってサスペンス的にもあまり緊張感は無く、インパクト不足感が残りました。

学生さんたちがじゃんけんで岸恵子とダンスする順番を競うシーン。このころはこういうのって普通だったのですかね?スナックとかでチークダンスをするということは最近でもありますが、ここは旅館ですし…。それに上手いとか下手とか言っているけど、こういうのに上手い下手ってどういうことなんだろう?と考えてしまった次第でした。この映画は、花売り婆さんの犬が一番まともな登場人物?かもしれません。

2019.10.13 Dong Hoiのホテルにて、i Padにて鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR