FC2ブログ

「NANA」 日本のラブストーリーに、深い感銘を受ける

大量にヤフオクで買ったDVDの中に入っていた一枚。この時代のカルチャーに疎い私は、中島美嘉のPVみたいなのかなぁと、さして期待せず見始めたんですが、いや、これはいいですねぇ。今の日本のラブストーリーこうなんだというようなものを感じました。2005年の、大谷健太郎監督による作品です。

あらすじ
ロックバンド「ブラスト」のヴォーカリスト・大崎ナナ(中島美嘉)と、恋人・章司(平岡祐太)を追いかけて東京へ向かおうとしていた小松奈々(宮崎あおい)。同い年で同じ名前のふたりは、新幹線の中で隣同士になります。2人は、それぞれ東京で住居を探しているうちに、偶然同じ部屋で鉢合わせし、その部屋をシェアすることになりました。数日後、ギタリストのノブ(成宮寛貴)とドラマーのヤス(丸山智己)が、新曲を持って上京。新メンバーにベースのシン(松山ケンイチ)を加えて、「ブラスト」の活動を再開するナナ。一方で、奈々は他人行儀な章司に不満を持っていましたが、章司は奈々に疲れ、バイト先で出会った大学の同級生の幸子(サエコ)と付き合い始めていたのでした。そして、奈々は二人の関係をはっきりと知らされます。

そのころ、傷心の奈々に、全国的な人気バンド「TRAPNEST」のライヴ・チケットが届きます。実は、そのギタリストであるレン(松田龍平)が、かつてブラストのメンバーから引き抜かれ、かつナナの恋人であったことを知った奈々は、ナナを奈々の地元で行われるライヴに誘います。レンがブラストを脱退した時に別れたナナとレンですが、ライヴ当日、二人は再会を果たし、再び愛を確かめ合うのでした。しばらくたったある日、奈々がバイトをクビになり落ち込んで家に帰っていると、ナナが用意してくれたプレゼントがありました。奈々が大ファンであるTRAPNESTのヴォーカリスト、タクミ(玉山鉄二)を部屋に招いてくれていたのです。思いがけないプレゼントに驚く奈々は、言葉も出ず、厳しい現実の中で、ひときわ甘い友情を味わったのでした。



NANA

とっても楽しめる物語で、日本のラブストーリーらしさを感じました。奈々の恋人を幸子が奪っていくところとか、とりわけ日本的なものを感じて、強引ではありますが一方で謙譲しながら、うまく取り繕って自分の物にしたような様子です。まぁ。その間に立った男ははっきりしない感じで、これは役どころというより、演技が上手くないのでしょうか。いや下手です。

宮崎あおいがとても可愛らしい演技で良かったです。そして、中島美嘉も素晴らしかった。最初の方はミュージシャン的な男っぽい感じで通していましたが、後半になるにしたがって、女性の強さや、いろんな面が出てきた感じです。バラの花びらの浮いた浴槽の場面は絵になっていました。ストーリー展開も一本調子ではなく、いろいろなエピソードが混ざり合って、うまくまとまりながら進んでいく感じも良かったと思います。

結果として、直球あり、変化球ありのいろんなラブストーリーの形が盛り込まれていました。当時はかなりヒットしたらしいのですが、その頃、この手の映画にあまり興味が無かったため、全く意識の外にありました。今、改めて見ることができて、大変楽しかったです。DVDを大量に買って、手あたり次第に見てみるのもいいものだと思いました。

2019.10.5 HCMC自宅にてDVDをパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR