FC2ブログ

「パラサイト 禁断の島」美少女出演の緩いサバイバルホラー

ベトナムで上映していたホラー映画。こういうB級ホラーが当地ではなぜか断続的にかかっています。英語で見てもそこそこ楽しめるので、時間がある時に見に行っていました。監督は:フランク・カルフン2019年の映画で、日本ではDVDスルーでした。

あらすじ
トビー(ローガン・ミラー)は、自宅でゲームをしている間に父を殺され心に傷を負い、更生の為のプログラムを受講することになりました。その最後のイベントとして、無人島で3日間、一人で過ごすというプログラムがあり、これに参加したトビーは、孤島で一人、自分を見つめなおすことになります。しかし、無人島のはずのその島でトビーは、マデリン(クリスティン・フロセス)という一人の美少女と出会いました。

外との連絡手段もない、この孤島になぜこの少女がいるのか不思議に思うトビーですが、二人でサバイバルの時間を過ごし、親密になるうちに、少女が無人島に閉じ込められていると感じ始めます。そして、この少女が、ジャングルの中の小屋に母(ジョリーン・アンダーソン)と二人で住んでいることを知りますが、トビーを見た母は決して友好的ではなく、経緯についても要領を得るまでには至りませんでした。そして、トビーを連れ戻しに来た船が漂着しているのを発見。トレーナーも森の中で殺されてしまいます。

母も何者かに惨殺されてしまい、トビーは森のはずれのある灯台跡に向かうと、そこにはこの島の過去がありました。幼少期に島にやってきたマデリンと両親ですが、この島で生活をしているうちに、マデリンが土着の悪霊の生贄になってしまい、その日から、マデリンは夜になると悪霊として村人を襲うようになり、最終的に母子のみが残され、母はマデリンを守っていたのでした。トビーはその灯台跡でマデリンが変身した悪霊に襲われ、激闘の末、灯台もろとも焼き払うことに成功すると、警備艇に拾われ、遠くに焼け落ちる灯台を見ながら、島を離れたのでした。



パラサイト 禁断の島

基本Vシネマで、アメリカの一部劇場と、一部の国で劇場公開というもの。その一部の国でたまたま見ることができました。父親を強盗に殺されたトビーが、カウンセリングのプログラムに参加。その最終課程の、「無人島に1人で3日放置」というサバイバルプログラムで起こった出来事という設定です。

だいたい、話のネタが、タイトルバックで次々と過去の写真という形で示されてしまうので、なんとなく雰囲気が判ります。自らネタバレしている感じです。あとは、それを頭に入れて、サバイバルを見ていくスタイル。ホラー度は少なめで、前半はただの脅かしというか、悪夢で目が覚めました的なパターンで、ストーリーを絡めて怖がらせるものではなく、インパクトも軽めです。あまりグロには走っていません。

無人島2日目で出会う美少女を演じるのは、1996年生まれのクリスティン・フロセス。彼女が結構可愛くて雰囲気もワイルドなので、なかなか良かったです。ということで、彼女を見ることに価値を見出しました。モデル出身のようですね。ストーリーは、この手のお話にしては、まぁまぁ堅実にまとまっていますという感じでした。ラストはちょっと切ない感じで終わり余韻を残します。実際、悪霊はこの程度では倒せないと思うのですが…。

2019.9.28 LOTTECINEMA NOWZONEにて鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR