FC2ブログ

「ディセント ザ・ダークサイド」 結局何がしたかった?

いろいろと、手あたり次第B級映画を探してみた時の1本。当たりもありますが、外れもあります。これは、お世辞にも当たりとは言えなかった1本なんですが…。2013年のアメリカ映画。デヴィッド・ハント監督の作品で、モリンズ・フィルムフェスティバルというホラー系の映画祭で、主演のクリス・クリーブランドが主演男優賞を受賞しています。

あらすじ
地元を離れていた弟ブラッド(マシュー・アラン)が帰郷して父の墓所を兄弟で訪ねた時、突然地面が陥没、そこには深い穴が開いていました。穴の中に降りてみると洞窟があり、人が立ち入った形跡があります。そして突き当りの岩には小さな穴が開いていたのです。岩は頑丈なもので、二人はドリルを持ち込み、少しずつ穴を広げていき、ついに兄のテッド(クリス・クリーブランド)が穴の向こうに入ることに成功します。

テッドは、閉所恐怖症で入れないブラッドの代わりに、洞窟探検の経験のあるジョー(サーカス=スザルースキー)を誘いって洞窟に向かいますが、テッドが怪我をしてしまい、ジョーが一人で探検することに。しかし戻ってきたジョーは、何かに怯えて、見たものを語らずに帰ってしまい、その後ジョーは家に閉じこもりやがて死を迎えたのでした。テッドも悪夢にうなされるようになり、再びテッドは中を見極めるために、一人で洞窟に向かいます。しかし、中で見たものに怯え、それに追われたテッドは一目散に出口に向かい穴から這い出します。

その後、部屋に閉じこもった2人ですが、彼らがいない間に、叔父のチャーリー(マイク・ハイター)が二人が洞窟に行ったと思って入ってしまい、気づいた二人は後を追いますが、洞窟の奥で異様な姿の怪物に取り囲まれ、テッドはブラッドだけを逃がし、自らダイナマイトに火をつけ、すべてを破壊するのでした。



ディセント ザ・ダークサイド

何と申しましょうか、いいところはあることはあるのですが、見て良かったという感想が残らない映画でした。ホラーものであり、怖がらせる場面は、確かに怖いと思います。しかし、どこにも必然性が感じられません。家の中に出てきたりとか、単なる幻覚では無いかと思いました。布団に潜ると消えるというのも、ちょっとね…。それに、チャーリーが洞窟に入ってからは、画面が暗くて何が起こっているかさっぱり解らないし、そもそも皆苦労してるのに、老人体型でひ弱なチャーリーが、何で中に入ることができたの?というのは、突っ込みどころ以前の問題のような気もします。

実際に向こう側に入る前までは、思い切り溜めてますね。なかなか進まないし、ここは兄弟の確執テーマを醸成する部分のようです。でも、兄弟の確執の原因がなぜなのか?彼女の問題?家の問題?でも、そこまでこじれる程の明確な理由が見当たらないのですがね。ただ、この部分は、兄の通り抜けようとする試行錯誤が良かったです。私も閉所恐怖症気味のところがあるので、このシーンは確かにゾクゾクしました。これが、唯一この映画の良かったところかもしれません。

という訳で、普通のホラーと違って、兄弟愛と和解を謳い上げたドラマを狙ったのかもしれませんが、結果としては、退屈でよく解らないものになったようです。残念ながら、B級的楽しみもありませんでした。ゆっくり進む話は、全く面白くないわけでは無かったのですが、発煙筒のピンクに支配されたラストのゴチャゴチャと、取ってつけた様な締めで、努力が報われませんでした。必然性とか、目的意識とかいうものからは超越していたと思います。

2019.9.27 HCMC自宅にてパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR