FC2ブログ

「プロジェクト・ゼロ」 B級ジャンキー・ホラー・ムービー

それほど期待せず、漫然と見始めたホラー映画ですが、最初の自殺シーンが強烈、どうなることかと思ってしまいましたよ。実際は、そのあとは、それ程でもなく、ちょっとグロい麻薬ネタのホラー・ムービーでした。ジョナサン・A・ライト監督による、2010年製作のB級カナダ映画です。
原題:Nostrum 欧米向新タイトル:Psychotica 邦題:プロジェクト・ゼロ

あらすじ
麻薬中毒者の数が増加するなかで、麻薬撲滅運動として進められている、ある実験。それは、自殺衝動を持つ麻薬を拡散し、患者を減らしていくというものでした。その実験の責任者シュリ―博士(クリスティアン・バコ)は、実験によりその麻薬を使用した者の一部が凶暴化することが解ると、実験を中止し、実験に係わった売人や所持者を一掃していくことになります。

一方で、この麻薬ベイビー・ブルーを買ったベネット(ベン・ロス)が自殺するのを目の当たりにして、仲間のジェス(ミーガン・ハッチングス)たちは、これを機会に麻薬を断とうと、田舎の屋敷を密閉し、立てこもることにしました。そこには最後の一服ということで、少量の麻薬が持ち込まれていたが、その中にはベイビー・ブルーも混ざっており、使用した一人が凶暴化してしまいます。閉ざされた屋敷で、ある者は逃げ惑い、ある者は自殺していきという中で、麻薬を服用しなかったジェスはなんとか外への出口を見つけ、出ることに成功しますが、そこにはベイビー・ブルーの所持者を根絶やしにするために追ってきた、シュリ―博士が待ち受けていました…。



プロジェクト・ゼロ

これは、ジャンキーホラームービーといった感じでしょうか。ジャンキー仲間の凄惨な自殺をきっかけに、クスリを断つため立てこもった農場の館で、惨劇が展開するという物語。自ら密室を作り絶叫の惨劇の館で右往左往するという、いかにもありがちなお話であります。ただし、ストーリーは意外としっかりしてるし、登場人物の描き訳もある程度できているので、危惧したほど無茶苦茶な映画では無かったと思いました。

ミーガン・ハッチングスが主演で、仲間の中で途中から頭角を現してきます。絶叫も怖がり方もまずまずで好演でした。彼女の長編映画はIMDBを見るとこれだけみたいです。ホラー度はそれほどでもなく、グロ度が高めです。そしてグロについては、最初の方の自傷シーンがいきなりかなり強烈。それ以外は普通のグロさでした。

この映画の違和感は、やられて死んだと思った登場人物が復活してくるところ。確かに死んだとまで確認はされていないのですが、それがある程度の決め手になっているところに、ちょっと反則だよねと思いました。ラストは、主人公にまた悲劇が降りかかるのではと、思わせぶりな場面を経て、エンドロール後にもう一展開。ああ、そっちなんですねと、少しだけ意表を突かれた感じもあり。でも、B級ホラーとしては楽しめました。

2019.9.23 HCMC自宅にてパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR