FC2ブログ

「THE BULLET ザ・バレット」 怖い婦人警官です

刑事もののB級映画と思って見始めました。雰囲気は結構好きですが、期待とはちょっと違ったかな?という感じが残りました。2010年のカナダ映画で、監督はノエル・ミトラーニ。日本ではDVD Premiereです。

あらすじ
大手保険会社のフランスの責任者のベノワ(ローラン・リュカ)は、社内研修でカナダに来ていました。研修会場に向かう途中、婦人警官のローガン(アレクシス・ブレデル)が、彼が指名手配犯に似ているため逮捕しようとしますが、人違いと判りその場はローガンが謝罪して事なきを得ます。その夜、ベノワのモーテルを訪ねたローガンは、お詫びの印ということで彼を食事に誘います。そこでベノワに惹かれたローガンはモーテルまで送るとそのまま部屋に入り込んで関係を持ってしまいました。

翌日再びベノワを訪ねたローガンは、トランクの銃をしまう為の箱の鍵が壊れていたことから、銃を持って部屋に入り、その銃についてベノワと冗談を言っているうちに、ベノワが発砲してしまい壁に弾痕を作ってしまいました。驚いたモーテルの管理者が警察を呼び、警察に正直に言おうと勧めるベノワに対し、ローガンはこのことが警察に知られたら首になると、2人でモーテルを逃げ出してしまいます。そして、彷徨の末入ったモーテルで、ローガンは自首を勧めるベノワを射殺。自分は顔を自傷して、ベノワに拉致監禁され、自力で抵抗して脱出したと申告します。

ベノワの妻(ノエミ・ゴダン・ヴィニョー)も本国からやって来て、ベノワの凶行はありえない事だと、ローガンと面談しますが、結局ローガンの主張に誰も決定的な反証を出すことはできず、ベノワの妻も帰国せざるを得ませんでした。



THE BULLET ザ・バレット

見ている間はそこそこ楽しんでいたことも事実ですが、見終わってだから、だから何?という感じの映画でした。突っ込みどころも多く、それは差し引いても、やはり展開も無理があるのではと思いました。そもそも冒頭で、重要な被疑者に、単独で手錠を掛けるような捕らえ方をしますかね…。そして、だんだん彼女はストーカー的な危ない奴になっていきます。

その後の展開も、生ぬるい追及がありますが、美人はお得というか、公権力は常に正しいという先入観もあるのかもしれません。男を殺すところだけは、確かに意表を突かれました。おっ!という感じ。男性の方も大企業の研修で、単独のモーテル住まいで車を乗り回しているというシチュエーションってありかなぁと思うわけですが…。保険会社の責任者の割には、リスク管理ができていませんねぇ。宣伝は刑事ものっぽいかっこいい感じも出していますが、誘いに乗って不倫してしまった男が、代償まで払う話です。

ラストに、逃走中に立ち寄ったガソリンスタンドに、不安になって戻っていくところ。犯罪者の心理をうまく表していて、なるほどという感じがしました。この部分は緊張した雰囲気も出して、うまく作っていると思いました。そういったところもあるので、なんとかバランスが保たれた映画になっています。全体的に、映像にはさほど特筆するような部分はなく、ただアレクシス・ブレデルが可愛いというところが救いです。制服着てるし(笑)。彼女を一番楽しめる映画って何なのでしょう。そのあたりはちょっと興味が湧きました。

2019.9.19 HCMC自宅にてパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR