FC2ブログ

「和製喧嘩友達」 1929年の小津安二郎 短縮版で視聴

現在鑑賞することができる、小津安二郎監督の2番目に古い映画。ただし、これは完全なものではなく、短縮版のみが残されています。題名から想像できるように、元ネタの「喧嘩友達」という映画があり、リチャード・ウォーレス監督による「McFadden's Flats(邦題:喧嘩友達)」(1927)とのことです。「和製…」の方は、1929年の映画で松竹蒲田です。

あらすじ
いっしょに生活するトラック運転手の留吉(渡辺篤)と助手の芳造(吉谷久雄)。二人は何事も助け合って生活する毎日です。ある日仕事の途中で、一人の女性をはねてしまいました。転倒した女性のお美津(浪花友子)には怪我はありませんでしたが、身寄りがなく、二人が彼女を引き取り、一緒に生活することにします。翌日煤で汚れた顔のお美津を顔を洗いにやりましたが、二人は帰ってきたお美津の美しさに驚き、この日から留吉と芳造はライバルになってしまいました。

ところが、二人が争っているうちに、お美津はいつのまにか近所に住む学生と恋仲になり、留吉と芳造はあっさり失恋してしまいます。そして、お美津は結婚。新婚旅行の為に夫婦で汽車に乗りますが、トラックに乗った留吉と芳造は汽車を見つけると、これと併走してお美津の門出を祝うのでした。



和製喧嘩友達

この映画は、オリジナルは77分の作品ですが、現在鑑賞するものは14分の短縮版。それは、パテベビー用9.5mmのフィルムから復元されたものです。当時は、映画を家庭などで鑑賞するために、短縮版を作成し、家庭用映写機用に販売していたとのこと。きっと裕福な家庭で、親族や友人が集まって鑑賞していたのでしょうね。撮影機能もあったようですので、「大人の見る絵本 生れてはみたけれど」にでてきた、映写会の情景が浮かんできます。

14分の短縮版の中で、お美津と学生との出会いやその関連するシーンがほぼ省略されていると思われますので、お美津がいつの間にか一気に結婚してしまうあたりはかなりの唐突感があります。脚本は現存するようですので読めばわかると思いますが、そのあたりにはいろいろと紆余曲折があるのでしょうか?とりあえず想像するのみです。

トラック運転手の留吉と助手の芳造の師弟の掛け合いがユーモラスに描かれていて、ほのぼのした感じが良く出ています。最後のお見送りの場面もなかなか楽し気で素晴らしいと思いました。短縮版ということで抽出されているのかもしれませんが、どこまでも明るくほのぼのした感じが全体を支配しているようです。最初の方の、お美津とトラックがぶつかる場面は結構インパクトがありますが、トラックにカメラがつけてあったのでしょうか。あと、2人で朝起きる時のシーン。タイヤのチューブが二人の枕になっているのは良かったです。当時の牧歌的な雰囲気も楽しめる映画でした。

2019.8.31 HCMC自宅にてパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR