FC2ブログ

「前科おんな 殺し節」 池玲子・杉本美樹共演の娯楽作品

今回は、東映のアクション+エロス。頭空っぽで楽しみます。定番の池玲子・杉本美樹の共演で、女刑務所からスタートし、あとは、やくざがらみのアクションへ。三堀篤監督の1973年の作品になります。

あらすじ

羽鳥マキ(池玲子)は、大場興業の手によって殺された父の仇討ちに失敗、女子刑務所へ収監されました。マキは同房の木村夏子(風間千代子)、芦田かおる(片山由美子)、中川雪江(宗田政美)と懇意になる中で、女博徒の谷政代(杉本美樹)と対立します。そして決闘になった二人は長時間の死闘の結果、互いに友情が生まれるようになりました。数年後、出所したマキを、夏子、かおる、雪江の三人が出迎え、手持無沙汰な3人はマキの復讐に協力することにします。マキは体を売って資金を調達。米軍から武器を入手し、まずは大場興業と敵対している浜安組に近ずき、喧嘩をけしかけました。

一方で、政代は大場(葉山良二)の情婦におさまっており、マキを尋ね、復讐を断念するように頼みますが、マキは聞き入れません。そんなマキが大場に捕われた時、政代はマキへの友情から逃走を助け、逃げのびたマキは、大場の覚せい剤の取り引きの情報を浜安の鉄(地井武男)に知らせました。そして鉄は覚醒剤の横取りに成功。マキは自分の筋書通り、鉄の居所を大場に教えます。大場たちは、鉄の隠れ場を襲い、鉄を斃しますが、武装したマキたち四人が襲いかかり大場を殺害して復讐を果たし、覚醒剤も入手したところで、パトロンを殺された政代が現われ、再び2人の死闘が繰り広げられるのでした…。



前科おんな 殺し節

東映のエロチック・バイオレンス・アクションの1本。杉本美樹・池玲子のコンビです。そうなると、何はともあれ、二人の活躍とエロスが見どころで、どんなアクションと裸を見せてくれるかがお楽しみ。杉本美樹は全身をタトゥーで飾った日焼けした肢体のクールな女で、いつもながらカッコよく決めています。池玲子の方が今回は主役で、とらわれて縛られているところが見どころ。ふくよかな美貌と、鋭い目線を併せ持つ彼女が、女の怖さを解らせていきました。

ストーリーは、まぁまぁ、特に不満はありません。普通にアクションものでした。池玲子の取り巻き3人の中では、片山由美子さんが一番目立っていたかな?一方で、やられっぱなしの男の中では、ちょっと残念な役柄ですが、地井武男が爽やかなアクションぶりを見せているところが、異彩を放っていました。この展開だと、もう少し活躍しても良かったかなという感じです。何はともあれ、娯楽作品以外の何物でもない映画。懐古趣味も含めた、ひと時の楽しみでした。

東映のこのスタイルの映画は、それはもう沢山ありますので、ちょっと疲れた時に楽しんでいきたいと思います。

2019.8.31 HCMC自宅にてパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR