FC2ブログ

「恐怖女子高校 暴行リンチ教室」 パワフルな時代を感じる

エログロ路線の東映映画の中での、恐怖女子高校シリーズの第2作にあたります。杉本美樹池玲子のセーラー服とエロス・バイオレンスがお目当てのこのシリーズなので、ここはただただ楽しみましょう。1973年の映画で、鈴木則文監督作品です。

あらすじ
恐怖の女学校と言われる希望学園には、全国から女番長が集められていました。風紀委員長・野坂洋子(衣麻遼子)をリーダーとするグループは、校内の権力を一手に握り、また、学園の実権を握っている教頭の石原(今井健二)は、洋子たちを使って学園を取り仕切っていました。そんな中で、秋山道代(城恵美)が洋子に逆らって私刑を受けて殺され、石原もこれを事故死として処理しますが、ある日この学校に、三人の転校生が転入してきます。北野レミ(太田美鈴)、久保京子(佐分利聖子)、そして、十字架典子こと風間典子(杉本美樹)の3人です。

典子がこの学園にやって来た目的は、自分の片腕でもあった道代の仇を討つことでした。そして、両者の対立はエスカレートしていきます。一方、トップ屋の若林(渡瀬恒彦)は希望学園の情報を集めるために石原の二号で、バーを経営している孝子(三原葉子)に近ずき、付近を嗅ぎまわっていました。そして、典子の宿命のライバル、関東女番長同盟の総番長・多岐川真紀(池玲子)も典子を追ってこの地へやって来ました。真紀は典子を追って、希望学園へ乗り込みますが、希望学園の事情を知った真紀は、勝負を棚上げし典子を支援し始めます。

典子と真紀は、石原とグルになっている市長や警察署長たちを乱交パーティに導き、証拠を握ると、この事件は代議士で学園の理事長の佐藤(金子信雄)の知ることとなり、激怒した佐藤は、暴力団の手を借りて、典子たちを潰そうとしますが失敗。希望学園の記念行事の席で典子たちは、これまでの学園の悪行の全貌を暴き、代議士たちの政治生命を断ち切ると共に学園を占拠し、自由を勝ち取るのでした。



恐怖女子高校 暴行リンチ教室

久しぶりの東映ポルノ。杉本美樹池玲子の共演でした。杉本美樹はいつもカッコいいのですが、相変わらず痛めつけられています。池玲子の仁義を切るところ、なんか「です」の発音が妙に気になりました。学校側の役名、佐藤・中田・石原・大曾根というのが面白い…。そして、日の丸も車と共に焼かれています。中田校長が、生徒との淫行により放校されてしまいますが、その時に「仰げば尊し」の合唱が入るのが印象的でした。ちなみにこの歌、私は小中高と一貫して教えられたことも歌ったこともありません。教科書にはあったのですが。

たくさん女優さんの中では、いつもかっこいい杉本美樹以外には早乙女りえが色っぽくて良かったです。三原葉子さんは相変わらずで、この頃になるとグラマー過ぎて、マツコ・デラックスを思い出してしまいます。(そこまで太くはありませんが…。)渡瀬恒彦はちょっと浮いている感じで、最後にはキャラが崩壊していました。

東映ポルノですので、エログロが基本ではあり、また盛りだくさんです。変態的な攻めが散りばめられており、血を抜きながら脅すとか、尿意を我慢させ教室で失禁させるとか、かなり逝ってます。電流プレイもあり…。一方で、まともなエロスとしては、早乙女りえのトイレでのレスビアンのシーンが普通にポルノらしくて、いいシーンだと思いました。このシリーズ見るのは初めてですが、他作品にも大いに興味がわいた次第です(笑)。

2019.8.25 HCMC自宅にてパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR