FC2ブログ

「タルサ」 米国油田地帯に於ける環境問題とスペクタクル

Amazon Primeの特典動画に「タルサ」という映画が登録されていたので鑑賞してみました。1949年の映画。監督はスチュアート・ハイスラーで、主演はスーザン・ヘイワードになります。いずれにしても予備知識の無い映画でした。タルサとは、オクラホマ州第二の都市で、石油産業で発達した町の名前です。

あらすじ

1920年代のタルサは石油ブームで賑わっていました。牧場主であるチェロキー(スーザン・ヘイワード)の父、ネルス(ハリー・シャノン)は牛が油田の影響で死んでしまったことから、採掘業者に抗議に出かけ、事故で亡くなってしまいます。残されたチェロキーは、業者に賠償を求めるも取り合ってもらえず、彼らと張り合い、親友で牧畜にかけるジム(ペドロ・アルメンダリス)と若き地質学者のブラッド(ロバート・プレストン)の助力を得て、引き継いだ採掘権を使い採掘に乗り出しました。そして、彼女は破産寸前のところで見事に成功し、石油女王へと登り詰めていきます。

当初はジムやブラッドと協調し、秩序ある採掘を心がけ、順調に進めているように見えたチェロキーの採掘事業ですが、より大量に採掘し利益分配を求める地権者。油田と牧畜の共生を目指し、環境負荷を与えない開発を理想とする牧場主やジムとブラッドが対立が表面化していくようになると、チェロキーは同業者で競争相手のタナー(ロイド・ガウ)との共同事業を承諾し、利益優先で無秩序な開発に舵を切ってしまいます。ジムの牧場では汚染された水で牛が死んでいき、彼は放心状態で確認の為石油の浮く小川に火をつけた時、火の手は予期せず大きくなってしまい、油井は次々と延焼し凄まじい大火災となってしまいました。ジムとチェロキーは火に包まれてしまい、絶体絶命の中で、ブラッドによる決死の救出劇に助けられ、チェロキーは初心を取り戻し、ブラッドの胸に飛び込むのでした。



タルサ

見ていてなかなか楽しい映画でした。やはり、スーザン・ヘイワードの明るくて活発なところが良かったと思います。彼女の演技は、最近では「奥様は魔女」のエステル役で見ましたが、脇役からスタートして順調に出世してきた女優さんで、愛嬌もありパワーもありと素晴らしいと思いました。この映画でも泥まみれも厭わない体当たりの演技です。彼女は、 「風と共に去りぬ」のオーディションではファイナリスト。その後も順調に活躍し、50年代後半にカンヌの女優賞そして、ついにオスカーでも主演女優賞に輝きました。

この映画のメインテーマである、開発と環境、そして共生の問題。このタルサにおける環境保護や自然との共生の考え方から、当時すでに、公害というものは身近なものになっていたことが解ります。まさに、タルサは時代の先端を行っていたようです。そして、自ら克服したことを誇らしげに語る映画。油田の環境問題と牧畜との共生、そして先住民との共生など、チェロキーの心の変化や出世物語以外にも、いろいろと盛り込まれている盛りだくさんな映画でもあると思いました。

その面白いストーリー展開に加え、ラストは文句なしの迫力があり、後年のパニック映画を思わせるような、一級のスペクタクルになっています。全体を通して、一級の娯楽作品であると同時に、当時の問題提起が織り込まれた、バランスの取れたいい映画だと思いました。

2019.8.17 HCMC自宅にてAmazon Prime よりパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR