FC2ブログ

「おとうと(1960)」 映画初の銀残しによるキネ旬1位の名作

かなり前に録画していた映画なのですが、あまりにほっておくと気になりだしたので見てみました。「おとうと」という映画はいくつかあり、山田洋次監督の作品は、一度見たことがありますが、これはどうなんでしょう。1960年の映画で、キネ旬1位作品です。監督は市川崑で大映製作。原作は幸田文の同名小説でした。

あらすじ
げん(岸惠子)と碧郎(川口浩)は三つちがいの姉弟でした。父(森雅之)は作家で、母(田中絹代)は後妻。そして、足が不自由で家から出ることは稀でした。とても裕福とは言えない状況で、暗い生活を送る一家でしたが、ある日碧郎が本屋で万引きをしてしまい、警察に捉まってしまいます。しばらくして、げんは警察の者と名のる男に呼び止められ、碧郎や家のことをいろいろと聞かれました。その男は、毎日のようにげんに付きまとい始めましたが、碧郎は、家庭環境から見れば、男に狙われて当然とからかいます。碧郎は転校しても不良ぶりはますます激しくなり、乗馬に凝っては家に迷惑をかけたりと野放図な暮らしぶりでした。

時が立ち、十七になった碧郎は結核に侵されてしまいます。湘南の療養所へ転地し、げんが附きそいますが、死期が近づくのを悟った碧郎は、げんに高島田を見せてくれるように頼みます。「姉さんはもう少し優しい顔する方がいいな」といいながら、げんの高島田を見て碧郎はうれしそうでした。父が見舞いに来ると、治ってから二人釣りに行こうと夢中になり、足をひきずってきた母にも、今までにない優しさを見せました。そして、ある夜の十二時に、一緒にお茶を飲もうと約束したげんは、碧郎と手と手をリボンで結んでうとうとと眠ります。そして、夜中にそのリボンがかすかに引かれるのを感じて目を覚ますと、医者が現れ、父や母もやって来ました。「姉さんいるかい」それが碧郎の最後の言葉でした。



おとうと (1960)

何といっても、日本の文芸作品らしさを感じさせる映画を見たという実感が残りました。積極的に子供たちに関わらない父と母。その中でしっかり家族を支える女学校に通うげん。その姉と弟の絆が映像に深く刻まれて行きます。母は信仰に頼って説教するだけですが、それでも体が思うに任せないというもどかしさが見て取れます。碧郎が病床についてしまい、最後に至るまでの家族の姿が大変感動的でした。

田中絹代と岸田今日子は貫禄の演技で、その立場を強く印象付けていました。川口浩もちょっと軽くて無鉄砲な青年を演じ、かなりハマっていると思いました。そして何よりこの映画は岸惠子ですね。気丈な家族思いの娘さんが、激しばかりの演技で表現され、大変感動を呼びます。演技はここではみんな大変レベルが高いと思いました。そして、初めて映画で使われたという「銀残し」という現像手法を初めて採用した渋い色調と、ハッとするようなカットなど、この映画を更に素晴らしいものにしていったと思います。

ラストはちょっとスッと終わっちゃたので、もう少し語って欲しかったかなというところもありましたが、その他の時間は美しい映像と素晴らしい演技で、日本の文芸作品の美しさをじっくりと堪能できました。幸田文のこの小説は、後に浅茅陽子と郷ひろみのコンビでも映画化されています。脚本は同じ水木洋子ですが、この市川崑作品の存在に対し、どういう作品として仕上げているのか、そちらの方も興味あるところです。

2019.8.3 自宅にてNHK BS Premium の録画鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR