FC2ブログ

「晩春」 小津監督の戦後初期の作品で、娘の結婚がテーマ

小津安二郎の戦後初期の映画を鑑賞しました。小津安二郎の映画は、時々NHKで放映されるので、見かければ録画していくうちに、自然と小津経験値が上がっていきます。これもその一つです。1949年の映画で、松竹製作の作品です。

あらすじ
曽宮周吉(笠智衆)は大学教授をしながら鎌倉に娘の紀子(原節子)と二人で住んでいました。周吉は早くから妻を亡くし、娘の紀子も身体をこわしたので、父と娘はどうしても離れられず、一緒に暮らしていたのでした。その紀子も二七歳。紀子も元気になり、この家族の世話を焼いていた、周吉の実妹のまさ(杉村春子)は気が気でなく、何とかして紀子を結婚させようとしますが、紀子は父の手前、首を縦にふらなかったのです。

周吉の親友の小野寺(三島雅夫)が、紀子に後妻をもらったと言うと、不潔であると言われます。そして、紀子は父も同じことをしないかと伺うようになり、叔母のまさは茶会で知った三輪秋子(三宅邦子)という美しい未亡人を兄の周吉にと考え、紀子に彼女の結婚を進めながら、それとなく話題に出したところ、紀子は自分の結婚よりも父の再婚に気をとられ始め、それからというもの紀子はなんとなく、苛立ってくるようになります。ある日紀子は父に再婚の意志を聞き正すと、父は再婚するとの返事。ずっと父と暮らしたいという紀子の気持ちはだんだん弱くなって行くのを感じ、紀子はついに結婚を決断しました。周吉は紀子を新婚旅行に送ったあと、再婚の意思は紀子に結婚を決意させるための方便だったと言い、一人残されたた五十六歳の身を、鎌倉で静かに横たえるのでした。



晩春

戦後の小津安二郎の作品の中でも、比較的初期の作品になります。内容は一貫して続く小津安二郎節であり、既視感がありつつも、安心して楽しめるものでした。この作品以降に製作された、同じタイプのテーマの作品をいくつか見ているだけに、パターンに嵌っている感はありますが、娘の結婚に関するテーマは、時系列的にみれば、この作品は初めての方に位置しますので、以後のこのテーマの作品の雰囲気は、すでに完成されているように感じます。

原節子の心の動きの表現がポイントだと思いました。後妻にくると思いこんだ三宅邦子を見る原節子のまなざしは恐怖までも感じさせるものでした。そして、唯一の家族であった娘を嫁に出すことの父親の想いと哀愁。他の作品と同様、ごく普通の家族のテーマの中から人間の心の機微を感じる作品でした。

杉村春子はいつも通りの安定の演技で、どんな映画に出ても的確に役をこなしてくれる名女優。いつ見ても素晴らしいと思います。小津安二郎の映画は、どの映画も、ある程度雰囲気が似ているので、前後しながらみていると、何やら頭の中で混ざってしまいますが、この映画を見つつ、本当は時代を追ってみていった方がいいのかな?と少し思った次第でした。

2019.7.28 自宅にてNHK BS Premiumからの録画鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR