FC2ブログ

「よこがお」 筒井真理子さんは、ますます絶好調なのでした

たまたま、千葉劇場の下まで来た時、ちょうど「よこがお」が始まるところでした。筒井真理子さん主演、そして自分にとっては「さようなら」の深田晃司監督の映画ですから、これは見ないわけにはいけないでしょう。ということで、映画館に入ります。2019年、ということで、めずらしく最近公開された映画です。

あらすじ

美容院でリサ(筒井真理子)は、美容師の和道(池松壮亮)を指名しました。そして、数日後、リサは偶然を装って連絡先を交換します。彼女は、和道の部屋が見えるアパートの一室に住み、様子を観察していたのでした。実は、リサというのは仮の名で、本当の名前は市子。半年前まで、信頼の厚い訪問看護師をしていました。そして、担当の訪問先の大石家の長女・基子(市川実日子)には、介護福祉士になるための勉強まで見てやっていたのでした。そして、基子は市子に対して憧れ以上の感情も抱いていたのでした。

ある日、基子の妹・サキ(小川未祐)が行方不明になってしまいます。数日後無事保護されるのですが、逮捕された犯人は意外なことに市子の甥にあたる辰男(須藤蓮)でした。失踪の直前に、市子の元に辰男が訪れた時、辰男はサキに興味をもってしまったのです。この事件をきっかに、市子は関与を疑われ、犯行の手引きをしたと書き立てられます。また、サキも失踪先であったことに関してあらぬ疑いをかけらるるようになっていきました。市子は、マスコミなどからの取材攻勢が強まる中で、基子の裏切りにも会い、今まで築き上げた生活の全てを失ってしまいます。そして、市子はリサへと姿を変え、基子の恋人で会った和道に近づいて行ったのでした…。



よこがお

最近、新作に疎くなっていたのですが、ふらりと立ち寄った千葉劇場で、筒井真理子に惹かれて入っていったのです。まず、池松壮亮の美容師を訪ねる場面とその後の展開で、「だれかの木琴」を連想してしまいました。あまりにそっくりなので、そういう話かな?とイメージが作られた次第です。そして、リサと市子の過去と未来が交錯する展開へと進んでいきます。このあたりはうまく作られていて、最初のうちは時間の前後がよく解らなかったのですが、だんだん理解できてきます。そして物語は核心部へと進み…。

自分の甥の犯罪により、世間から追い詰められていく筒井真理子の演じる市子、そして、池松壮亮、市川実日子との奇妙な関係。理不尽なまでに糾弾される市子ですが、身内から犯罪者が出てしまうということは、いつの世でもこういう状況になってしまい、身を潜めて生きていかざるを得ないということになってしまいます。ここではその事実がありのままに語られていました。もちろん世間の攻撃は、犯人側だけにとどまらず、被害者へも俗物的な興味という形で襲ってきます。現在社会を克明に表現するこの映画は、まさに現在の不寛容の時代の危うさを象徴しているのかもしれません。

さて、筒井真理子さんの演技はいつも通り素晴らしかったです。最近ますますパワーアップされているような気がします。どんな役でもできるのですが、今回は犬のように吠えてはい回る演技を披露。こういった体当たりの演技も時々見られます(ANTIPORNOとか、凄いですね)。これ自体は良くやったなと印象に残るのですが、それ以上に全編を通じて困惑し、そして切れていく迫真の演技が、異常な状況をよく表現していて素晴らしいと思いました。市川実日子も微妙な距離感をもった演技が雰囲気を出していて良かったと思います。

2019.7.27 千葉劇場にて
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR