FC2ブログ

「オズの魔法使」 画期的なミュージカル・ファンタジー

「オズの魔法使」有名な有名なミュージカル映画だったのですが、私はむしろ、特撮映像であるとか、初期のカラー映像であるとか、技術面のイメージを強く持っていました。機会無く見逃していたのですが、というか見ようと思えば容易に見られたとは思いますが、今回Amazon Primeで見つけたので、これを機会に念願の鑑賞です。1939年製作、ヴィクター・フレミング監督によるアメリカ映画です。

あらすじ

カンザスの農場に住む少女ドロシー(ジュディ・ガーランド)は、愛犬トトが近所のミス・ガルチ(マーガレット・ハミルトン)からいじめられ泣きながら帰ってきます。そして竜巻が襲来し、ドロシーは家もろとも高く吹きあげられでしまいました。やがて降り立ったのは見たこともない不思議な場所。現われた北の魔女グリンダ(ビリー・バーク)から、ここはマンチキンだと教えられます。そして、悪い東の魔女がドロシーの家に押しつぶされて死んていました。グリンダは妹である西の魔女の復讐のを心配し、ドロシーに故郷に帰るように提案しますが、それにはエメラルド・シティに住むオズの大魔王の力を借りなくてはいけませんでした。

ドロシーはエメラルド・シティを目指して歩いて行くと、途中で知恵を欲しがっている案山子(レイ・ボルジャー)と、心を欲しがっているブリキ男(ジャック・ヘイリー)と、勇気を欲しがっているライオン(バート・ラー)を仲間に加えます。エメラルド・シティに到着した一行は、城内に入ることを許され、オズの大魔王に対面を願い出ますが、その条件として西の魔女の箒を持ってこいと命じられました。そして一行は魔女の城へ向かい、全員の機転と勇気で魔女を倒し、箒を持ち帰りました。

大魔王(フランク・モーガン)は、案山子やブリキの男やライオンの願いは今回の冒険により既に果たされていると話し、3人に贈り物を渡します。そしてドロシーは、最後にはグリンダの助け舟もあり「家が一番」と強く願います。そして、ドロシーを心配する、伯父伯母をはじめ、農場の人たちに囲まれて目を覚ましたのでした。



オズの魔法使

というわけで、超有名なこの映画を初めて見たのですが、思ったのはやはりもっと若い時にみた方が良かったかもしれないということです。感受性が年をとってしまいました(笑)。物語自体は、昔々ハヤカワ文庫FTでも通して読んでいた既知の物ですし、それ以前にもいろいろなところで馴染んでいた有名なストーリーで、この映画もその通りに流れていきます。カラー映画ということも有名なので、冒頭部分の白黒映像には少し戸惑った次第。この辺りも無知さゆえですが、なるほどねと思いました。

アカデミー賞では、作曲賞と歌曲賞。歌曲賞の大賞はもちろん「虹の彼方に」です。いい曲ですね。そして、特別賞(子役賞)がジュディ・ガーランドに与えられています。この賞はかつてシャーリー・テンプルが受賞していましたが、今回のオズの魔法使も、元々シャーリー・テンプルで計画されていたところ、交渉が頓挫し、ジュディ・ガーランドが出演することになったとの事です。作品賞にもノミネートされていたのですが、この年は同じヴィクター・フレミング監督の「風と共に去りぬ」でした。

さて、そのジュディ・ガーランドですが、語り継がれる伝説の名女優。撮影当時彼女は17歳で、すでにアンフェタミンを常用していたといわれていますが、これはいわば職業病。そして、「オズの魔法使」で一躍トップスターとなり、その後の奔放で物議をかもす私生活と、華々しい活躍は語り継がれています。代表作は「スタア誕生」になるのでしょうか?そして、2019年、レニー・ゼルウィガー主演で、「Judy」が公開される予定になっています。これは、レニーのファンとしても、今年楽しみにしている映画の一本なのです。

2019.7.5 HCMC自宅にてAmazon Prime よりパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR