FC2ブログ

「サムソンとデリラ」 ヘディ・ラマーの鬼気迫る妖艶さを

サンサーンスのオペラとして、名前だけは知っていた「サムソンとデリラ」ですが、Amazon Primeにあったので、見てみました。セシル・B・デミル監督による作品です。彼の作品は「十戒」しか見たことがありません。1949年の映画で、カラー映像のスタンダードサイズであります。

あらすじ
旧約聖書のサムソンとデリラの物語。ダン族の怪力の男サムソンは、支配者であるペリシテ人に恐れられ、太守の寵愛を受けているデリラがその怪力の秘密を探るため、サムソンの元に赴く。デリラはサムソンを篭絡しつつその秘密を引き出すことに成功するが…。



旧約聖書「士師記」の中の、サムソンとデリラの話を原典とした物語であり、歴史劇となります。

ペリシテ人に支配されているダン族のサムソン(ヴィクター・マチュア)は、ペリシテ人の女性デリラ(ヘディ・ラマー)と遠出をした時、現れたライオンを素手で倒しました。デリラはすっかり彼の魅力に取りつかれ、しきりに言い寄りますが、実はサムソンのお目当ては、その妹のセマダール(アンジェラ・ランズベリー)なのでした。そして、デリラの証言もあって、ライオンを素手で倒したサムソンは、通りかかったガザの太守サラン(ジョージ・サンダース)に認められ、褒美として部下のアートゥル(ヘンリー・ウィルコクスン)と結婚が決まっていたセマダールを奪い結婚することになります。

結婚式の当日、集まったペリシテ人の配下たちは支配下の部族の男が晴れ舞台にあることで、サムソンをしきりに揶揄します。そして、サムソンを奪われて面白くないデリラの奸計で式は混乱に陥り、その混乱の中で、セマダールやその父も殺されてしまいました。ダン族の村に逃亡したサムソンをおびき出そうと、村に重税をかけるペリシテ人支配者たち。しかし、捉えたもののその怪力で兵士1000人を倒し逃亡します。ペリシテ人はその怪力の秘密を知ろうと思案しますが、その中で今やサランの寵愛を受けているデリラが立候補し、自らサムソンの元へ向かいました。そして、無事サムソンのアジトに潜入すると、警戒するサムソンを篭絡し、ついにデリラは秘密を聞き出しました。

怪力の元となるたてがみを切られたサムソンは無力となり、目をつぶされ、ガザの牢で石臼を日々惹かされていました。デリラはサムソンの元を訪れますが、目を潰されていることに愕然とし、傷つけない約束のはずだったと、太守サランに詰め寄りますが、サランは約束通り血を流していないと言い放ちます。サムソンへの想いがますます募るデリラは牢に忍び込むと、デリラへの復讐に燃えるサムソンは神に祈り、次第に力を蘇らせます。デリラはサムソンへの抑えきれない愛を打ち明け、そしてサムソンがペリシテ人のダゴン神を讃える祭礼に引き出されることや、神殿の様子を教えます。サムソンは祭礼が頂点に達した時、デリラに逃げるように言い、神に呼びかけながら神殿の支柱を揺すぶるはじめます。やがて神殿は倒壊し、サムソンから離れなかったデリラや、参加していた大勢のペリシテ人諸共、神殿の下敷きとなったのでした。

サムソンとデリラ

やはり、こういった歴史劇ですので、私的にはちょっととっつきにくい面もあるので、前半は意識して物語を読み取ろうと見ていきました。そして、後半に入ると話は展開していき、なかなか面白く見られました。セシル・B・デミルによる歴史スペクタクルの効果もさることながら、出色はデリラのヘディ・ラマーがサムソンを篭絡していくシーンで、その鬼気迫る妖艶さに心を奪われてしまいました。なるほど、こうまで迫られるとさすがにどんな男も…というような演技だったと思います。すっかり見とれてしまいました。

ストーリーについては、オペラの方はあらすじでしか読んでないのですが、この映画はデリラの描き方がハリウッド映画らしいのではないかと思いました。いろいろ読むと、サムソンは目をくりぬかれるという表現をされていることが多いのですが、これは熱を当てて失明させたのでしょうか。それも、デリラの希望を少しでも叶えるためということで。そのようなデリラの心の動きを追っていくところが、大変面白く描かれていると思います。

その、ヘディ・ラマーさん。1933年19歳の時にヘディ・キースラー名義で出演した「春の調べ」で、全裸で湖で泳ぐシーンや史上初の女性のオーガズムを表現して物議をかもし、その後アメリカに渡りハリウッド女優として活躍する傍ら、現在では、GPS・Bluetooth・携帯・Wi-Fiなどの技術に利用されている周波数ホッピングシステムを開発したという、発明家としての多才な顔を持っているということです。まさにこの映画の役のデリラさながら、強い性格を持ち、波乱万丈の生涯を送った方の様でした。

2019.6.24 HCMC自宅にて Amazon Prime よりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR